平成29年度 安曇野赤十字病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 323 81 94 154 302 331 821 1331 1473 661

20歳未満が昨年度より大幅に減少、その反面60代以上は増加している。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置2 なし 定義副傷病 なし 54 9.8 10.61 1.85 77.65
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 26.96 20.83 9.26 87.48
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 46 20.22 12.34 6.52 85.74
060340xx99x00x 胆管(肝内外) 結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 9.52 9.85 13.79 76.79
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 29 8.07 7.87 3.45 63.76

消化器出血や胆道感染などで近隣から紹介される緊急症例が多く入院されます。
また、引き続き胆嚢切除が必要な場合は、当院の外科へ紹介しています。
ウイルス肝炎、脂肪性肝炎の慢性肝疾患の患者さんも大勢フォローしているため、肝細胞癌のラジオ波治療、肝硬変からの肝不全、食道静脈瘤治療なども入院します。潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、治療の進歩で外来だけの治療が多くなっており、入院するのは重症例、コントロール不良症例のみです。
また、一般内科疾患として誤嚥性肺炎、尿路感染症も受け持っています。

 

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07043xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 143 8.62 2.93 0 69.57
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 94 34.49 22.44 5.32 83.66
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 82 19.62 17.28 0 71.33
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 75 49.29 27.09 9.33 84.65
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 37 15.78 16.53 0 49.14

当院には日本専門医機構脊椎脊髄専門医資格と日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医資格とを持った脊椎の専門医がいます。
当院の特色である脊椎疾患の患者が大半を占めております。また、高齢者が多いため、転倒による骨折や骨粗鬆症の圧迫骨折などの疾患も多くなっています。
手術療法では、大きな術野を伴わずにすむ手術も積極的に行っております。
例えば、骨粗鬆症の圧迫骨折などに対する経皮的椎体形成術(BKP)や、30年度7月より椎間板ヘルニアに対する椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)等の手術です。
保存療法も多く行っていること、高齢者が多いことで、全国の平均在院日数より長めの日数になっていますが、1泊2日の検査入院や12~15日間の手術療法など短期の入院で治療も行っています。

 

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 8.91 7.4 0 66.42
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 8.88 8.98 0 64.88
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 24 5.46 5.56 0 38.58
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S上部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 22 4 4.31 0 68.82
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 17.13 15.61 6.25 72.19

当院では緊急手術の対応となる胆嚢炎や虫垂炎等の急性疾患の受け入れを積極的に行っています。
腹腔鏡下での手術が多く、全体の70%を占めています。特に胆嚢摘出術や虫垂炎・悪性腫瘍等多くの手術を行っています。
悪性腫瘍に関しては、消化器癌の治療を行っており、特に大腸癌・胃癌が多くなっています。消化器内科との連携により、内視鏡検査~手術、術前よりの口腔ケア、術後の化学療法、緩和ケアなどチーム医療で治療にあたっています。

 

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 113 25.12 17.71 7.96 85.60
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 31.09 20.83 18.18 88.30
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし 1.2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 4.77 4.62 3.23 71.65
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 2.64 3.03 4 69.4
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし 1.3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 12.68 11.21 9.09 81.36

全体的に高齢化の影響で平均在院日数が長くなっています。
専門的な治療に関しては、狭心症・心筋梗塞等のカテーテル治療・検査を行っています。不整脈の治療については、ペースメーカー移植等を中心に行っています。
また、睡眠時無呼吸症候群の診断のための検査入院等にも取り組んでおります。

 

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 80 4.73 6.32 1.25 3.34
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 53 4.81 6.03 0 1.47
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 40 3.78 5.5 0 3.45
040090xxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)定義副傷病 なし 26 4.54 5.94 0 1.27
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 4.64 5.7 0 4.96

地域の開業医からの紹介患者も多く、喘息などの慢性疾患の他に、ウイルス疾患の乳幼児が多くを占めています。
地域の中核病院として、県立こども病院や地域の病院・診療所と緊密な連携をとり診療にあたっています。

 

総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 24.15 20.83 13.21 87.43
110310xx99xx0x 腎臓または尿路感染症 手術なし 定義副傷病 なし 26 17.15 12.34 0 82.65
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 30.23 17.71 7.69 78.85
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.16
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.73

複数の疾患を抱えた高齢者の総合的な診療を行っています。
また、禁煙外来も行っています。

 

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 27.45 20.83 12.9 85.26
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1または2 29 23.69 16.38 6.9 73.48
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 23 19 12.34 4.35 86.65
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 11.46 6.32 0 75.54
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)す術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3,4または5 12 30.58 20.2 8.33 89.17

脳卒中の専門資格を持った医師が、治療にあたっております。また地域の病院・診療所、大学病院、訪問看護ステーション等と緊密に連絡すると同時に、積極的なリハビリの介入により、在宅に戻れるよう積極的に働きかけを行っています。また、脳神経外科や内科と連携をとり、全問分野のみならず、幅広い疾患を見ています。
認知症患者に対する専門医・認知症ケアの認定看護師によるチーム医療も行っており、改善や予防に努めています。そのほか、脳梗塞後遺症の麻痺改善のための専門医師によるボツリヌス療法やリハビリも行っています。

 

救急医学科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前提機能障害 手術なし 36 3.08 5.15 0 74.36
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 2.5 7.34 0 65.18
160100xx7x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 2.21 9.68 5.26 69.63
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害 18 2.28 5.38 0 81.78
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 2.75 5.73 0 85.00

救急というと”生死の境をさまよう”とか、”血がいっぱい出ている重傷の怪我”とかのイメージでしょうか?あるいは、いつでも受診できるコンビニみたいな印象でしょうか?双方の印象はどちらも合っている面もあれば、どちらも間違っている面もあります。救急の本来の姿は生命に関わる救急処置を速やかに適切に行い、安定化させる事にあります。そして、疾患によらず、性別によらず、年齢によらず、初期医療を提供し、その他の専門診療科に引き継いでいきます。当院は全ての診療科が揃っているわけではないため、受診日によっては他院への案内や紹介をする事がありますが、おらが街の地元の医療機関としてご利用ください。

 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 59.82 19.1 10.71 68.11
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale0,1又は2 27 28.85 16.38 3.7 68.52
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 19.83 9.68 13.04 78.78
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 17 50.24 18.34 0 78.59
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 13.93 7.34 0 71.29

全国平均在院日数と比較すると平均在院日数が全体的に長くなっています。
脳血管障害、頭部外傷などの救急搬送と緊急紹介の受け入れが多くなっています。
早期よりリハビリを積極的に開始し、在宅復帰を目指して治療にあたっています。高齢者や独居の患者も多く、退院後の調整に日数がかかることもありますが、包括ケア病棟やリハビリ回復期病棟などを利用しながら、在宅復帰へつなげています。

 

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 20 8.25 7.64 0 74.45
110080xx99000x 前立腺悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 8.2 10.52 0 80.9
110310xx01xx0x 腎臓又は尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし 14.59
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 10.64
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 11.31

地域の診療所・病院からの紹介患者が大変多く、また施設からの入院も多くなっています。
腎・尿管癌、膀胱癌、前立腺癌などの悪性腫瘍や、陰嚢内容疾患等の治療を行っています。
悪性腫瘍では、検査~手術、ホルモン療法・化学療法、口腔ケアや緩和ケア、在宅医療等一連した治療を行っております。
また、治療の継続が必要であっても、様態が安定している方は、地域の診療所・病院を紹介させていただいております。病診連携医療のご理解をお願いします。

 

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前提機能障害 手術なし 26 8.12 5.15 0 63.15
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 21 9.67 8.01 0 20.86
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 13 6.92 5.48 0 44.23
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 12 7.58 7.23 0 57.58
030428xxxxxxxx 突発性難聴 12 11.75 9.18 0 65.67

常勤医師1人ですが、信大耳鼻科と連携しながら積極的に診療・手術を行っています。また、急性疾患だけでなく、慢性的な疾患等にも幅広く対応しています。

 

婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 40 2.9 3.05 0 44.08
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 29 8.28 9.91 0 43.03
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む) 開腹によるもの 10 7.9 10.27 0 59.1
12002xxx03x0xx0 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮内膜掻爬術 手術・処置2 なし 2.55
120110xx99xx0x 子宮・子宮付属器の炎症性疾患 手術なし 定義副傷病 なし 8

特に良性疾患の開腹手術や子宮鏡下膣式手術を積極的に行っていますが、悪性腫瘍疾患の化学療法治療や手術も行っております。
また、地域の診療所・病院からの紹介患者も多くなっており、病診連携を密にとっています。

 

糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 28 20.83 38.46 85.15
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) (末梢循環不全なし。)手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 10 12 14.27 0 59.4
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12.34
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13.57
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) (末梢循環不全あり。)手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 15.63

 

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 30.73 20.83 9.09 83.45
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 25.6 12.23 10 61.00
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 21.86
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12.34
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.16

 

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020400xx97xxxx 眼、付属器の障害 手術あり 19 2 7.91 0 65.53
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2 4あり 10 2 2.47 0 84.8

常勤医一人のため、信大眼科と連携しながら診療にあたっております。
手術日・手術件数・可能な手術に制限はありますが、白内障の手術を中心に、緑内障や黄斑変性に対する硝子体内注射などにも対応しています。

 

 

乳腺甲状腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 4.49
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14.6

専門医は非常勤医であるため、外科の医師と連携しながら診療にあたっています。
手術は当院では行えませんが、治療経過の長いことから化学療法や緩和ケア、在宅療法など病診連携を積極的に行っています。
また、放射線治療においては、近隣のこども病院と提携し治療が行えるようになりました。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 42 49 53 1 7
大腸癌 20 24 15 52 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 42 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

Stage ⅠとStage Ⅳ、また再発の方も多くみられます。大腸癌の手術は約80%腹腔鏡下手術で行っています。
術後の化学療法や緩和ケアなども行ており、また、放射線治療も近隣のこども病院と提携して治療できるようシステムを構築しました。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 7.86 54.86
中等症 108 20.23 80.7
重症 39 25.92 88.03
超重症
不明

昨年度に比較して、超重症患者が減ってきています。平均在院日数は、患者数が増加している中等症・重症患者においては、平均在院日数が延長していますが、在院日数は2週間から3週間以内の退院を目標に治療にあたっています。

 

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 192 44.81 78.69 9.62
その他 16 50.94 75.63 0.96

脳梗塞の患者は多く、在院日数が長くなっていますが、リハビリを積極的に行い、在宅復帰を目指しています。
転院率が9.62%となっていますが、当院で行える手術に制限があり、信大と連携して治療にあたっています。

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 110 0.13 1.06 0 68.39
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 63 1.19 10.87 1.59 75.54
K6532 内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 29 0.17 10.07 0 72.59
K654 内視鏡的消化管止血術 26 0.42 8.5 3.85 73.12
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 26 0.85 11.73 3.85 78.88

前年度と大差はないが、大腸ポリープ切除術が減少し、胆道ステント留置術、胃十二指腸・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)が増加しています。
いずれも、平均術後日数は短縮傾向にあり、2週間前後の退院となっています。

 

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 85 2.07 16.94 0 70.91
K0461 骨折観血的手術(大腿)等 73 5.59 37.29 8.22 82.67
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 35 3.34 11.03 0 49.57
K0462 骨折観血的手術(下腿)等 19 4.53 34.21 0 53.21
K0732 関節内骨折観血的手術(手)等 18 2.89 21.94 0 73

脊椎の専門医・指導医がおり、脊椎の手術が約50%を占めています。
昨年に比較して外傷の手術が多くなっていますが、高齢者の転倒による骨折や骨粗鬆症に伴う病的骨折などが要因です。

 

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 71 1.11 3.06 1.41 68.86
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 2.28 6.09 0 66.37
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.52 3.96 0 37.83
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 5.35 13.1 5 75.10
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 1 4.08 7.69 77.31

鼠径ヘルニア手術の開腹術が昨年に比較して増加しています。これは高齢者が多く、局所麻酔下での手術症例が多かったことが要因です。

 

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 43 0.88 1.02 0 44.88
K877 子宮全摘術 22 1.64 6.18 0 46.95
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 20 1 1.55 0 43.4
K867 子宮頸部(膣部)切除術 16 0.69 1.06 0 43.56
K8721 子宮筋腫摘出術(核出)術(腹式) 10 1 6 0 38.2

常勤医1人ですが積極的に手術を行っています。
子宮鏡下膣式手術も多く行っています。
平均術後日数が多少短縮しており、1週間程度の短期入院が多くなっています。

 

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 114 1 1.01 0 75.59
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) 19 0 1 0 65.53
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)

常勤医1人のため白内障の手術を中心に行っており、例年通りの手術件数は確保しています。

 

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 23 1 3.26 4.35 72.83
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 20 0.15 7.65 10 72.55
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 1.69 19.88 0 76.06
K596 対外ペースメーキング術 12 0.08 12.33 16.67 85.58
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 11 0 19 0 75.18

ペースメーカー移植術、交換術の症例数が減少しているが、施行医の勇退に伴うものであり、今後も減少していくこととなります。

 

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 27 1.04 6.26 0 75.89
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.19 9.95 0 72.76
K797 膀胱内凝結除去術
K800-2 経尿道的電気凝固術
K840 前立腺被膜下摘出術

上位5症例の手術は全体的に減少しているが、患者数の減少によるものであり、手術率は昨年度と大差なく行っています。

 

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 20 2 6.9 0 20.95
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.36 6.36 0 58.73
K3892 声帯ポリープ切除術(直腸喉頭鏡)等 11 2.09 4.82 0 57.91
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術)
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)

昨年度より内視鏡下で行う手術を開始し、常勤医1人ですが多くの手術を行っています。
急性疾患だけでなく、慢性疾患の手術も対応しています。

 

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 1.6 31.35 15 82.85
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)

平均術後日数が長くなり、転院率も上がっているが、当院で行える手術に制限があり、手術目的での転院の他に、リハビリや在宅復帰が難しい場合の転院が多くなっています。また、高齢化によりリハビリに時間を要することも術後日数が長くなっている要因です。

総合診療科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K610-3 内シャント留置術
K597-2 ペースメーカー交換術
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈)

 

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント留置術
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K2762 網膜光凝固術(その他)
K735-4 下部消化管ステント留置術
K089 爪甲除去術

 

神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管)
K3902 喉頭遺物摘出術(直達鏡)

 

救急医学科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6021 経皮的心肺補助法(初日)
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
K331 鼻腔粘膜焼灼術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 18 0.32
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.31
異なる

敗血症の症例数が昨年度と比較して大きく減少した。