メニュー
看護部長のあいさつ

患者・家族の思いに寄り添いたい。みんなの「よかった」を実現したい

看護部長 胡桃 伸子

私たちは、赤十字の一員であると同時に、安曇野市唯一の公的病院として、患者さんやご家族が、安曇野日赤に来て「よかった」と安心し、「うれしかった」と満足していただけるよう地域住民の皆さんの健康に関わるお手伝いをさせていただきたいと思っています。明るく笑顔で挨拶をかわせる風通しの良い職場環境づくりを心掛け、看護師自身が看護にやりがいをもち“自分の大切な人が 受けたい看護”を実現できることを願って、日々の看護を実践したいと思っております。
また、急性期医療を担うと同時に、少子超高齢化社会という地域の状況を踏まえ、地域医療支援病院としての役割を果たせるよう、今後一層、地域の開業医の先生方や在宅医療関連施設の方々とも連携を図っていきたいと考えております。
まずは職員ひとり一人が自分の病院を愛し、地域の方々にも胸を張ってお勧めできる信頼のおける病院となれるよう、一丸となって取り組みたいと考えております。

看護部長 胡桃 伸子