メニュー
安曇野赤十字病院とは

院長あいさつ

平素のご高配御礼申し上げます。
さて私たちの安曇野赤十字病院は、昭和26年に当時の南安曇郡下の組合立病院が日本赤十字社に移管されたのが始まりです。以来65年にわたり地域の病院として機能して参りました。
平成22年には現地に新病院が建て替えられ、病院の新たな時代の活動が始まりました。
ここに創立以来地域医師会および地域の先生方の御支援いただいてまいりましたこと心より御礼申し上げます。
 
当院理念に掲げる「医療を通じた地域貢献」のため、地域での立ち位置をさらに一層強固なものにする事が私たちの課題と考えます。地域の病院として住民の皆様の医療ニーズに鑑み事業展開を行い、地域のため医療の質の向上維持に努めること、さらに運営面では地域において持続可能な体制の構築が大切と考えています。そして地域の皆様、地域の先生方からの御支援のもと、病院も職員も成長できる体制を整えるべく努力して参ります。
地域包括ケアシステム構築に向けての準備が行われています。当院は本年7月に地域包括ケア病棟を開設しました。急性期治療を終えた患者さんの在宅復帰への準備、在宅や施設療養されている患者の発熱、脱水、食欲不振などの体調変化への対応、併せてレスパイト入院にも取り組みたいと考えています。
また本年はICUに加えてHCUを開設し急性重症エリア再編成を行いました。患者さんの病状や医療ニーズを踏まえ、最適できめ細やかな医療を提供するためのものです。
そして同じく7月に歯科口腔外科を開設しました。
まずは周術期や化学療法中の患者さんを主体とし医療機能、診療の質向上に役立てて参りたいと考えております。
 
いま医療の世界では大きく変革が起こっています。高齢化社会を迎えて、限りある医療資源をいかに効率的に活用するか。そのためには病院間、病院と診療所における機能分化、連携が大切であります。それを踏まえて更なる連携体制の構築に努力すべきと考えております。

nakano20150429_17_2

平成28年8月 病院長
中野 武

病院の基本理念

人道・博愛の精神のもと 医療を通じて地域に貢献します

病院の基本方針

  • 患者さんの権利を尊重し、安心・安全な医療を提供します。
  • 救急医療の充実を図り、急性期から福祉との連携まで、つねに患者さんに寄り添い、地域から信頼される病院づくりに努めます。
  • 災害救護、地域保健活動などの社会活動へ積極的に参加します。
  • 健全経営に努め、地域とともに成長する明るい病院をつくります。
  • 病院職員は地域を支える一員として研鑽に励み、ともに成長できる活力ある職場をつくります。

患者さんの権利の尊重

私たちは、患者さんの権利を尊重し、十分な説明と合意に基づいた医療を行います。

  • 人間として尊重される権利
  • 適切な医療を受ける権利
  • プライバシーを尊重される権利
  • 医療の情報、説明を受ける権利
  • 医療行為を選択する権利
  • セカンドオピニオンを求める権利

患者さんの義務

  • 病院職員の医療提供に対し、健康に関する情報を提供することが求められます。
  • 医療内容の説明を受け、納得の上選択することが求められます。
  • 病院職員の医療提供に支障を与えないよう配慮することが求められます。
  • 他の患者さんの治療に支障を与えないよう配慮することが求められます。

平成22年4月1日 制定
平成27年10月1日 改訂

病院概要

名称安曇野赤十字病院
所在地長野県安曇野市豊科5685
電話0263-72-3170(代)
FAX0263-72-2314
開設者日本赤十字社 社長 大塚 義治
管理者病院長 中野 武
診療科目内科・総合診療科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、形成外科、リハビリテーション科、病理診断科、麻酔科、救急科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、歯科口腔外科   22診療科
許可病床数一般病床316床(回復期リハビリテーション病棟45床、地域包括ケア病棟44床を含む)
敷地の面積27,537.83㎡ 所有地 24,564.83㎡
建築面積6,144.02㎡ 延床面積 22,090.14㎡
施設基準基本診療料急性期一般入院料1、地域医療支援病院入院診療加算、臨床研修病院入院診療加算(基幹型)、救急医療管理加算、超急性期脳卒中加算、診療録管理体制加算1、医師事務作業補助体制加算2(20対1)、急性期看護補助体制加算(25対1-看護補助者5割以上)、療養環境加算、重症者等療養環境特別加算、栄養サポートチーム加算、医療安全対策加算1、医療安全対策地域連携加算1、感染防止対策加算1、感染防止対策地域連携加算、抗菌薬適正使用支援加算、患者サポート体制充実加算、入退院支援加算1、入院時支援加算、総合評価加算、病棟薬剤業務実施加算1、データ提出加算2イ、認知症ケア加算1、精神疾患診療体制加算、ハイケアユニット入院医療管理料1、回復期リハビリテーション病棟入院料1、回復期リハビリテーション病棟入院料体制強化加算2、地域包括ケア病棟入院料2、地域包括ケア病棟 看護職員配置加算、地域包括ケア病棟 看護補助者配置加算、(歯科)歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準、入院時食事療養Ⅰ
特掲診療料糖尿病合併症管理料、がん性疼痛緩和指導管理料、がん患者指導管理料イ、がん患者指導管理料ハ、糖尿病透析予防指導管理料、院内トリアージ実施料、夜間休日救急搬送医学管理料、救急搬送看護体制加算、ニコチン依存症管理料、がん治療連携指導料、薬剤管理指導料、検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料、医療機器安全管理料1、在宅患者訪問看護・指導料、遠隔モニタリング加算(在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料)、持続血糖測定器加算、HPV核酸検出、検体検査管理加算I・II、心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算、長期継続頭蓋内脳波検査、神経学的検査、単純CT撮影及び特殊MRI撮影、抗悪性腫瘍剤処方管理加算、外来化学療法加算1、無菌製剤処理加算、心大血管疾患リハビリテーション料I、脳血管疾患等リハビリテーション料I、運動器リハビリテーション料I、呼吸器リハビリテーション料I、がん患者リハビリテーション料、集団コミュニケーション療法料、処置の休日加算1・時間外加算1及び深夜加算1、人工腎臓(慢性維持透析1)、導入期加算1、透析液水質確保加算、慢性維持透析濾過加算、下肢末梢動脈疾患指導管理加算、後縦靭帯骨化症手術(前方進入によるもの)、脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)及び脳刺激装置交換術、脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術、食道縫合術(穿孔、損傷)(内視鏡によるもの)、内視鏡下胃、十二指腸穿孔瘻孔閉鎖術、胃瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、小腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、結腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、腎(腎盂)腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、尿管腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、膀胱腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、腟腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術、ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術、植込型心電図記録計移植術及び植込型心電図記録計摘出術、大動脈バルーンパイピング法(IABP法)、腹腔鏡下膵腫瘍摘出術、腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術、早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術、医科点数表第2章第10節手術の通則5及び6に掲げる手術、手術の休日加算1・時間外加算1及び深夜加算1、輸血管理料Ⅱ、輸血適正使用加算、胃廔造設術、胃廔造設時嚥下機能評価加算、人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算、麻酔管理料Ⅰ、悪性腫瘍病理組織標本加算、(歯科)CAD/CAM冠、(歯科)クラウンブリッジ維持管理料、酸素単価
入院期間が180日を超える入院入院医療の必要性が低いが患者さんの事情により180日を超えて入院(難病患者等入院診療加算を算定する患者等を除く。)する患者さんについては、180日を超えた日以後の入院料及びその療養に伴う世話その他の看護に係る料金として、下記の金額を徴収いたします。
1日につき、2,577円(税込み) (急性期一般入院料1)
1日につき、946円(税込み) (特別入院基本料)
初診時の選定療養費初診患者さんで他の保険医療機関等からの紹介状なく、直接来院された方につきましては初診に係る費用として2,160円ご負担頂きます。ただし、緊急その他やむを得ない事情により、他の保険医療機関からの紹介によらず来院された場合はこの限りではございません。
特殊診療指定状況保険医療機関・国民健康保険療養取扱機関・労災保険指定・生活保護法医療扶助指定医療機関・中国残留邦人等指定医療機関・身体障害者福祉法医療機関(法第15条)・戦傷病者特別援護法指定医療機関・原子爆弾被爆者指定医療機関・基幹型臨床研修病院・結核予防法指定・性病予防法指定・DPC標準病院・救急告示病院・地域医療支援病院・人間ドック健康相談・訪問看護ステーション・訪問リハビリテーション・通所リハビリテーション・指定居宅介護支援事業所・人工透析・松本広域医療圏第2次救急医療指定施設(輪番病院)・母体保護法指定医・設備
教育施設 / 認定施設日本内科学会認定教育関連施設、日本循環器学会認定専門医研修施設、日本不整脈学会・日本心電図学会認定不整脈専門医研修施設、日本神経学会認定教育関連施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本外科学会 外科専門医制度修練施設、日本がん治療認定医機構・認定研修施設、日本整形外科学会認定専門医研修施設、日本消化器外科学会認定医修練施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、日本脳神経外 科学会認定専門医訓練C項施設、日本麻酔科学会認定麻酔科研修施設、日本泌尿器科学会専門医教施設・基幹教育施設、マンモグラフィ検診施設、NST稼動施設、臨床微生物検査技師研修施設、日本病理学会研修登録施設、日本臨床細胞学会施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、マンモグラフィ検診施設画像認定、日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰ
治験実施12件 前年度H30 4/1 ~ H31 3/31