初期臨床研修

初期臨床研修 学生の皆様へ

ようこそ、安曇野日赤臨床研修ページヘ

臨床研修管理委員長   統括院長補佐  床尾 万寿雄
教育推進室・研修医担当 第一救急部長  亀田 徹

これからは地方の時代ではないでしょうか?

日本の未来を憂える人たちは大勢いらっしゃいますが、その一方で、地方が力を取り戻せば日本再生の道筋も見出され、それは工夫次第で十分可能と考える方々もいらっしゃいます。既存のものを大切にしながら見事なまでに再生を果たした市町村、様々なアイデアや工夫で海外からも注目される地域の話を見聞きしますが、「はつらつ」とした気持ちになるのは我々だけでしょうか?

安曇野赤十字病院

安曇野赤十字病院とは?

北アルプスの麓にある人口10万人の安曇野市にある地方中規模病院です。上の写真は平成26年1月に当院6階休憩室から眺めた北アルプスの朝焼け(Morgenrot)です。右側の山頂は安曇野のシンボル常念岳です。写真だけでは山々の雄大さ、薄紅色に染まる美しさが伝え切れないのが少々残念です。病院の窓からは春夏秋冬、遥か白馬方面まで北アルプスのパノラマを眺めることができます。
当院は数ある赤十字病院群の中では少し控えめな存在ですが、平成22年7月に新築病院へ移転し、院内外を問わず快適な環境です。そんなこともあってでしょうか、大都市圏からの単身赴任の医師(研修医ではありません)も数名在籍しております。高度先進医療を積極的に導入している大病院ではありません。すべての診療科は揃っていません。有名カリスマ医師もおりません。きらめく浜辺も近くにはございません。しかし地方の基幹型臨床研修指定病院として、「病院全体で研修医と共により良い臨床研修システムをつくっていこう」という気概はございます。我々は「基本的な臨床能力の取得」につながるものでしたら、積極的に研修医の皆様の声に耳を傾けてゆきたいと考えております。

当院での研修の特徴は?

1) 「こぢんまり」感のある中、経験豊富な指導者のもとで、手技を含めた幅広い基本研修、横断的な学びが可能
2) 中規模病院としては比較的珍しく、数名の救急外来専従医が診療と臨床教育を担当している
3) 臨床業務とのバランスを考慮しつつ、研修医が主体的に関わる勉強会、カンファレンスを定期開催している
4) 仕事の手を少し休めて病院の窓に目を向けると、北アルプスの峰々が美しい

当院はどのような研修医の皆様を求めているか?

以下のスタンスをお持ちの方でしたら、将来どの方向に進まれる方でも大歓迎です。

1) バランスよく基本的臨床能力を取得していくことへの姿勢
2) 指導医、上級医、同僚のみならず医療に携わる多くの職種から学ぶ真摯な態度
3) チーム医療の実践に向けて他の医療従事者とのコミュニケーションを大切にする姿勢

年間研修計画表

 

たすきがけ研修 1年目(安曇野赤十字病院)

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

内  科  (6ヶ月)

選 択 (4ヶ月)

救 急

(2ヶ月)

・内科6ヶ月 (内科、循環器内科、消化器内科、神経内科を各1ヶ月間研修、残りの2ヶ月は 4科より選択とする)
・救急2ヶ月 (救急部にて2ヶ月研修)
・選択4ヶ月 (内科、循環器、消化器、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、
泌尿器科、小児科、麻酔科、眼科、救急科より選択可能。1科の研修期間は1ヶ月以上とする)

※選択診療科によっては人数制限があるため、ご希望に添えない場合があります。
※17時から23時までの半直勤務が月に3回程度あります。

たすきがけ研修 2年目(安曇野赤十字病院)

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

選 択1

(2ヶ月)

地域(1)

選択必修(1ヶ月)

選択必修(1ヶ月)

救 急

(2ヶ月)

選 択2(5ヶ月)

・地域医療1ヶ月 (城西病院、白馬神城医院、白馬メディアにて研修)
・選択必修1ヶ月 (小児科、麻酔科、精神科、産婦人科より選択。研修期間は1ヶ月とする。)
※ 精神科 (城西病院にて研修)、産婦人科 (信州大学医学部附属病院にて研修)
・救急2ヶ月 (救急部にて2ヶ月研修)
・選択1:2ヶ月 (循環器内科、消化器内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科より選択可能。1科の研修期間は1ヶ月以上とする)
・選択2:5ヶ月 (内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、小児科 、麻酔科、眼科、救急科より選択可能。1科の研修期間は1ヶ月以上とする)選択で救急研修中検査室での腹部超音波研修が可能。

※選択診療科によっては人数制限があるため、ご希望に添えない場合があります。
※週1回程度、半直若しくは当直業務があります。
※研修月別タイムテーブルの研修科目の順番は、研修医数、協力病院の受け入れ時期によって適宜変更となります。

<研修会等>
日本赤十字社主催 : 臨床研修医研修会 (1/年)
医局主催 : 臨床研修カンファレンス、内科合同勉強会、心電図ランチカンファレンス、朝の勉強会、CPC
その他 : 各種勉強会、災害救護訓練 (1/年)

研修風景

処遇

 

身 分 常勤嘱託医師として採用
勤務時間 8:30から17:00
休暇 有給休暇 1年次10日  2年次11日、夏季・年末年始、5/1(赤十字社創立記念日)
支給額 (時間外・宿直・賞与含む/年額):1年次 約5,400,000円・2年次 約6000,000円(税込み)

※通勤手当、住居手当(28,500円上限/月)、扶養手当、等の手当は別途支給
※病院に隣接した託児所あり

交通案内

交通案内

お問い合せ

安曇野赤十字病院  担当  情報管理課  土屋

住   所  : 〒399-8292 安曇野市豊科5685

電   話  : 0263-72-3170 ・ Fax 0263-72-2314

E-mail  :  med-clerk@azumino.jrc.or.jp        

 URL : http://www.azumino.jrc.or.jp

 

 病院見学を常時(平日のみ)おこなっておりますので、ご相談下さい。