皮膚科

スタッフ

嘱託医師 信州大学医師

診療科の特色

当科では、皮膚に発疹を生じる全ての疾患やトラブルを診察しています。皮膚に発生する疾患は多岐にわたっており、アトピー性皮膚炎・薬疹・じんましん・接触性皮膚炎などのアレルギーや湿疹・皮膚炎に関する疾患、とびひ・水虫・蜂窩織炎・帯状疱疹ヘルペスなどの感染症疾患から先天性の難治性疾患や膠原病のような全身性疾患、皮膚悪性腫瘍など生命にかかわる疾患もあります。また皮膚特有の疾患のほかにも、他の疾病の部分症状、併発症としての皮膚症状がみられることもあります。当科は信州大学医学部皮膚科の関連病院であり、信州大学皮膚科と診断・治療・研究活動について密な連携をはかり、皮膚に関する全ての疾患に対して最善の検査・治療ができるように診療しています。

診療内容

一般診療の中で、疣贅に対する液体窒素療法なども行っています。手術は、小手術に関しては当院の形成外科などと連携し、大手術に関しては信州大学病院と連携し行っております。
高齢者の帯状疱疹、成人水痘、カポジ水痘様発疹症、中毒疹(薬疹)、重症アトピー性皮膚炎、乾癬、水泡症などに対しては当院や信州大学病院と連携して入院療法も行っております。随時ご相談ください。