形成外科

スタッフ

嘱託医師 信州大学医師

診療科の特色

形成外科、先天的・後天的に生じた、体の表面付近のトラブルを、いろいろな方法を組み合わせて治療していく診療科です。長時間にわたる手術・全身麻酔の手術が必要な場合や、形成外科医師が毎日の経過観察を必要とする場合などでは、松本市の信州大学附属病院形成再建外科と連携し治療を行います。

診療内容

形成外科一般について治療やご相談を行っております。

  1. まぶたの異常:腱膜性眼瞼下垂症、老人性眼瞼下垂、先天性眼瞼下垂症、睫毛内反(さかさ まつげ)、瞼裂狭小症、まぶたの傷あと、ひきつれ、眼瞼痙攣の治療
  2. 皮膚がんなどの悪性腫瘍切除後の組織再建術
  3. 熱傷(やけど、火傷)の治療:(点滴などの初期治療、創面の閉鎖療法、軟膏療法、皮膚移植術(植皮)など)
  4. 顔面のけが(すりきず、切り傷)、顔面骨折(鼻骨骨折、頬骨骨折、ブローアウト骨折、上顎骨骨折、下顎骨骨折)の治療・体表面の先天異常の治療
  5. 手足のけがの治療(切断指の再接着手術、神経損傷、腱損傷にたいする縫合術、皮膚剥脱創、 熱傷の治療)
  6. 皮膚皮下腫瘍治療(皮膚のできもの、あざ、大きなほくろの治療)
  7. 顔面神経麻痺の治療 ・褥創(褥創、床ずれ)の治療
  8. きずあと(外傷や手術、やけどによるものなど)、ひきつれ、ケロイドの治療・糖尿病、動脈閉塞性疾患による下肢壊疽の治療
  9. 放射線照射後の難知性皮膚潰瘍の治療 ・巻き爪(嵌入爪、陥入爪、過湾曲爪)の治療

自費診療である美容外科については、当科では対応しておりません。