リハビリテーション科(回復期リハビリテーション病棟)

スタッフ

医師(院長) 中野 武 (なかの たけし)

専門医等 日本内科学会認定医、日本神経学会専門医・指導医、日本リハビリテーション学会認定医
信州大学医学部臨床教授、日本プライマリ・ケア連合学会指導医、
回復期リハビリテーション病棟専従医師研修修了
所属学会 日本神経学会、日本内科学会、日本リハビリテーション学会、
日本プライマリ・ケア連合学会、日本老年病学会

医師 澤海 明人(さわうみ あきひと) (名誉院長)

嘱託医師  京島 恭子 (きょうしま きょうこ)

嘱託医師  田久保 和也 (たくぼ かずや)

診療科の特色

回復期リハビリテーション病棟は、急性期が過ぎ、社会復帰や家庭生活を目指す回復期の患者様を対象に、一日でも早く復帰していただくためのお手伝いをする専門病棟です。急性期が過ぎた入院患者様の回復期のリハビリを多職種による総合的なチーム医療で行っております。回復期リハビリテーション病棟へのご紹介は地域医療連携課が窓口となります。患者様の状態によっては一般病棟を経由してからのご利用となります。

診療内容

病棟には専属の医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、栄養士、社会福祉士が配属され、それぞれの専門的な立場から患者様お一人お一人に合わせたプログラムを作成してリハビリテーションを行います。
回復期リハビリテーション病棟では、単に機能の回復を目指すだけでなく、必要に応じて各専門チーム(認知症ケア、褥創ケア、退院支援、NST等)によるアプローチを行い出来るだけ早く、家庭復帰や社会復帰及び生活の質の向上を大きな目的としております。退院後の日常生活動作や実用動作が実際に安全に行えるように、ケアマネジャーやケースワーカーも加わり患者様やご家族様とも十分にお話をした上で、家庭生活の実現に向けて支援をいたします。

実績

1年間で約220名の方が本病棟を利用されて、約9割弱の方が自宅もしくは自宅に準じた施設に退院されています。本病棟のみの入院期間は平均すると2.1ヵ月となっています。
リハビリは平日約2時間、休日においても約1時間20分、毎日休むことなく提供させていただいています。入院期間中に日常生活動作の練習を通して、日常生活の自立度の向上がほとんどの方でみられています。