メニュー
内 科 (内科・総合診療科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科)

スタッフ

内科・総合診療科  院長補佐兼部長  床尾 万寿雄 (とこお ますお)
専門医等日本透析医学会指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医、信州大学医学部臨床教授
所属学会日本内科学会、日本透析医学会、日本腎臓学会、日本アフェレーシス学会、日本膵臓学会、日本環境感染学会、日本プライマリ・ケア連合学会

 

内科・総合診療科  部長  小林 龍彦 (こばやし たつひこ)
専門医等医学博士、日本医師会認定産業医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医
所属学会日本プライマリ・ケア連合学会
 

 

腎臓内科  部長  小林 則善 (こばやし のりよし)
専門医等日本内科学会認定内科専門医、日本透析医学会専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医
所属学会日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本高血圧学会、日本成人病(生活習慣病)学会、日本プライマリ・ケア連合学会
 
内科・総合診療科  医師  村山 秀喜 (むらやま ひでき)
専門医等日本内科学会 認定内科医、日本医師会 認定産業医、日本循環器学会 循環器専門医、日本温泉気候物理医学学会 温泉療養認定医、日本心臓リハビリテーション学会指導士
所属学会日本内科学会、日本循環器学会、日本温泉気候物理医学会、日本抗加齢医学会、日本心臓リハビリテーション学会
 
糖尿病・内分泌内科  医師  石井 宏明 (いしい ひろあき)
専門医等日本内科学会認定総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医・研修指導医、
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
所属学会日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本甲状腺学会
 
 
 
嘱託医師  須澤 大知 (すざわ だいち)
 
嘱託医師  樋端 恵美子 (といばな えみこ)
 

診療科の特色

内科で扱う疾患は、消化器、循環器、呼吸器、内分泌・代謝、腎臓、血液、神経、アレルギー・膠原病、感染症の分野にわかれます。当科では総合診療科としての内科と臓器別の専門内科の混成診療としての形態で診療を行っております。初診(新患)外来では担当医師が総合診療科として内科系疾患の診療を行い、必要に応じて各々の専門内科に引き継がれます。また、他科の診療が必要と判断された場合は適宜紹介をしております。再診では主に各医師の専門に対応した診療を行っております。

 

診療内容

内科の臓器別診療としては、消化器内科(肝臓内科含む)・循環器内科・神経内科・腎臓内科・糖尿病・内分泌内科の5 分野で専門診療が行われ、呼吸器内科については信州大学から専門医が派遣され治療を行っています。なお、必要に応じて他院の専門外来への紹介も行っております。当院では専門的な検査と診断が必要な疾患や重症、急性期の診療を第一とし、安定した生活習慣病の管理等はかかりつけ医(診療所)の先生に診ていただくようにしております。

腎臓内科の特徴は尿所見異常のみの段階から腎不全治療までを一連の経過として分断なく診療することです。したがって当科でも腎炎・ネフローゼ症候群の診療、慢性および急性腎不全に対して各種の血液浄化療法を含めた診療を行っています。急性および慢性腎炎、ネフローゼ症候群に対しては必要に応じ腎生検を施行して診断を行い治療をしています。慢性腎不全では段階に応じた保存期腎不全治療を行い末期腎不全に対しては血液透析を実施しています。腎移植を希望される場合は信州大学に紹介しています。糖尿病は糖尿病・内分泌内科とともに腎臓内科でも治療しています。 さらに、急性腎不全に対する血液浄化療法や各種疾患に対して種々のアフェレーシス療法(単純血漿交換、二重濾過血漿交換、免疫吸着、エンドトキシン吸着、薬物中毒に対する全血吸着、炎症性腸疾患に対する血球成分吸着除去療法など)も施行しています。

糖尿病・内分泌内科では、糖尿病をはじめとして高血圧症、脂質異常症といった生活習慣病を診療しているほか、下垂体や甲状腺、副甲状腺、膵臓、副腎などの内分泌疾患も診療しています。診療では特に2次性高血圧や2次性糖尿病の鑑別に力を入れています。糖尿病は看護師や管理栄養士、薬剤師、理学療法士、糖尿病療養指導士と協力して、食事療法や運動療法、薬物療法の指導まで患者さん個々に合わせた治療を心がけています。糖尿病の教育入院を積極的に行っているほか、院内の医療スタッフと協力して糖尿病教室も定期的に開いています。糖尿病の合併症が疑われる場合には、眼科や腎臓内科、循環器内科などの先生と協力して治療を行っています。内分泌分野ではバセドウ病や橋本病などの甲状腺機能異常の診療のほか、二次性高血圧症のスクリーニングとして原発性アルドステロン症や褐色細胞腫などの鑑別を行っております。