整形外科

スタッフ

第一整形外科部長 泉水 邦洋 (せんすい くにひろ)

専門医等 日本整形外科学会専門医 、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本肩関節学会、関東整形災害外科学会

副部長  林 大右 (はやし だいすけ)

所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎・脊髄病学会

医師  古川 五月(ふるかわ さつき)

専門医等 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
所属学会 日本整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会

医師 山本 宏幸(やまもと ひろゆき)

専門医等 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
所属学会 日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会

名誉院長 澤海 明人 (さわうみ あきひと)

専門医等 日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会臨床認定医、
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医
回復期リハビリテーション病棟専従医師研修修了
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本リハビリテーション医学会、日本腰痛学会

診療科の特色

地域における急性期医療の中核的病院であることから、外傷をはじめ急性期疾患から慢性期疾患まで広く診療しています。更に院内には回復期リハビリテーション病棟があり、50名の療法士が急性期から回復期まで内容の濃いリハビリテーションを行っています。
また慢性疾患に関しては正確な診断に基づく適切な治療法の選択が極めて重要と考え努力しています。新しい治療法の実践、診療所(開業医)や他の病院との連携を積極的に行い、診療圏は長野県内広域に及び、県外からの受診もあります。

診療内容

  1. 救急医療の充実という病院の基本方針により救急外傷患者を積極的に受け入れています。 脊椎外傷は近隣地域のみではなく県内広域から紹介されることもあり、必要な場合は積極的に緊急手術を行います。その他の重傷外傷も多く、しばしば緊急手術により対応しています。
    高齢者が多いという地域性を反映して大腿骨近位部骨折の手術件数を多く施行しています。
  2. 患者様に優しい医療を目指し、慢性疾患の治療においては保存療法を第一選択としていますが、必要があれば速やかに手術療法に切り替えます。
  3. 脊椎脊髄外科指導医が2名おり、慢性疾患では脊椎脊髄疾患が多いことが特徴です。もちろん保存療法を最優先していますが、手術にいたる場合は術前の詳細な診察と検査により診断を正確に行い、できるだけ侵襲を少なくした必要最小限の手術とすることを基本方針としています。年間の脊椎脊髄手術件数は約250件に上ります。
  4. 最近の傾向である小侵襲手術も積極的に取り入れています。施行可能施設が限定されている脊椎椎体骨折に対する経皮的椎体形成術、椎間板ヘルニアに対する経皮的髄核摘出術(局所麻酔で6mm程度の皮膚切開で行います)、肩の腱板損傷や反復性脱臼に対する小切開手術、手根管症候群に対する小切開手術や内視鏡視下手術など。
  5. 高度医療の推進という病院の基本方針のもと各学会、研修会には積極的に参加し、研究や論文を発表しています。
  6. 地域医療との連携という病院の基本方針があり診療所への逆紹介、医師会や地域での講演、地域イベントへの参加も積極的に行っています。

※整形外科外来の受付時間は平日8:30~10:30までとなっております。 紹介状をお持ちの方は、事前に地域医療連携課までご連絡をお願いします。

脊髄疾患専門外来