研修診療科の紹介

内科

一般的な内科疾患の中から主に腎疾患、糖尿病に関する初期診療能力が習得できます。その他、呼吸器疾患、代謝内分泌疾患、アレルギー疾患、膠原病の中でcommon diseaseと しての診療を行います。また、高齢者社会を反映して高齢患者に対する内科全体的な診療を行います。

消化器科

日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設として学会指導医、専門医が診療知識のみならず技術も丁寧に指導します。肝疾患は日本肝臓学会関連施設として肝臓専門医の指導のもと肝生検を含めた診断から、肝がんの局所治療までの幅広く研修できます。

外科

消化器疾患中心の手術を研修できます。傷が小さく患者さんに負担の少ない腹腔鏡下手術が中心です。がん診療では、抗がん剤治療の実際、緩和ケアを経験できます。
また栄養管理も研修できます。

脳神経外科

安曇野地域の脳外科領域の救急を受入れ、脳動脈瘤クリッピング術、脳血行再建術、血栓溶解術、脳腫瘍摘出術、三叉神経痛、顔面麻痺の手術等、外科的治療を中心に研修を行います。

麻酔科

日本麻酔科学会指導医2名により、年間800件以上の全身麻酔(半数以上は整形外科手術)を行っています。
いかに安全に麻酔をかけるかということを信念に、術前から術後までのプロの技を指導します。

泌尿器科

泌尿器科で研修をしないと経験できない内容をお伝えできるように努力しています。例えば、症状から考えうる鑑別診断や考え方、尿道カテーテル留置の理論と実践(エコーガイドにて解説)、膀胱鏡、感染性水腎症の対応、尿路系の診察などなど。他科の医師としても役に立つ内容です。

眼科

地方の一般病院で行われている眼科診療を体験します。
一般外来、レーザー治療、白内障手術、抗VEGF硝子体注射などを研修することができます。