• ホーム »  
  •   
  • 院内図書館がリニューアルオープン!
院内図書館がリニューアルオープン!

院内図書館

10月1日、院内図書館「ぷりむろーず」が2階売店前のラウンジを改装してリニューアルオープンしました。
院内図書館は平成24年2月にオープンし、現在は8人のボランティアが交代で運営しています。開館日には1日20~30人ほどの来館者がいらっしゃいます。

リニューアルオープンにあたり、ボランティアの方にお話しをうかがいました。

院内図書館 ボランティア

院内図書館では、患者さんが本を読んだり借りたりするだけでなく、ボランティアの皆さんとお話しをされることが多いそうです。お話しすることで癒され、患者さんから「まるで図書館ではなくカウンセリングルームのようだ」というお言葉を受けることもありました。

患者さんはどうしても病室にいる時間が長くなってしまいますが、院内図書館に来て本を読みながら、本の中で旅をしたり空想にふけったりして、本の世界を楽しんでいかれるようです。手作りした栞を持ち帰り、お守りとして大切にしている患者さんもいらっしゃいます。

ボランティアの皆さんも、図書を貸出しするだけでなく、患者さんとの触れ合いを通じて、患者さんに元気づけられたり、人生の先達としていろいろなことを教えてもらったりするそうです。これからは、視力の弱くなった方や本を読み慣れない方のために、読み聞かせにもチャレンジしてみたいとのことでした。

入院の方も外来の方も利用できますので、お時間があれば院内図書館「ぷりむろーず」にお立ち寄りください。開館日は、原則として毎週火曜日から金曜日、午前9時から午後3時まで、お休みの場合は院内図書館前に掲示いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

資料1