• ホーム »  
  •   
  • 緊急通信 職場での熱中症対策

nettyusyo

連日の気温上昇で熱中症の発生件数が増加しております。

職場で働くときにも熱中症に対する注意が必要です。以下の点にご注意ください。

1.熱中症の症状

立ちくらみ、めまい、ふらつき、だるさ、頭痛、動悸、嘔気、嘔吐、呼吸苦などがあります。

2.予防として

水をこまめに飲むこと

3.塩分も必要

水道水1Lに1~2gの食塩 味噌汁も有用

4.飲み物の工夫

コーヒー、紅茶、緑茶にはカフェイン多いので注意 利尿作用で脱水状態を助長 アルコールも同じです
麦茶には比較的カフェイン少なくお勧め 市販のミネラル飲料水の利用

5.服装

通気性・吸湿性・速乾性良い衣服、下着の工夫、

5.作業環境

作業現場の温度、換気、風の流れの把握熱源の確認

6.屋外作業の注意

日陰の確保 帽子 服装の配慮
黒い服装は体表温度上昇の原因になります。
水筒・ペットボトルなどで飲料水の持参

7.高温環境での作業

作業時間の調整、慣れるための工夫(急に温度差の大きな環境に移ることを避ける)

8.健康管理

① 自己管理 睡眠不足・過労も誘引に ストレス・疲労の緩和 過度の飲酒を避ける
② チームでお互いの体調への見守り・気配り・心配り

9.発症

疑われれば、涼しいところで休憩、水分の補給、 冷タオル、保冷剤など使って体温を下げる

医師  中野 武
安曇野赤十字病院