• ホーム »  
  •   
  • 熱中症予防月間について

スクリーンショット 2013-06-27 10.58.25

熱中症の発生は7月~8月がピークとなります。安曇野赤十字病院では、来院者をはじめとする地域の皆さまの健康を守る立場から、熱中症の原因と予防法を広め、熱中症が疑われるときの受診や重症時の対応について周知することを目的として、熱中症予防月間の取り組みを行います。

熱中症予防月間について

1.熱中症予防月間

平成25年7月1日から平成25年8月31日まで

2.実施内容

(1)赤十字プラザでのポスター掲示
期間中、厚生労働省や総務省消防庁などの広報資料をポスター掲示します。

(2)外来でのパンフレット配布と声かけ
7月1日(月)~7月5日(金)の5日間、午前9時30分から午前10時頃まで、外来待合でパンフレットを配布しながら熱中症に対する注意を呼び掛けます。

(3)手作りドリンクのレシピ紹介と試飲
上記(2)に合わせて、栄養課が作成した手作りドリンク(簡単レモネード)のレシピを紹介し、ご希望の方にドリンクを試飲していただきます。

(4)正面玄関奥の受診相談での相談受付
受診相談に立つ看護師は、来院者からの熱中症の相談に応じます。

3.来院者に配布するパンフレット

こちらからご覧いただけます»

4.参考情報のリンク

・厚生労働省ホームページ 熱中症関連情報
こちらからご覧いただけます»

・長野県ホームページ 熱中症に御用心
こちらからご覧いただけます»