平成28年度 安曇野赤十字病院 病院指標

 

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)»
  1. 年齢階級別退院患者数»
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)»
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数»
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等»
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等»
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)»
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)»
  8. 参考) 手術・処置等の合併症のICD10別症例数等»

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 425 125 79 179 301 340 921 1329 1421 571

診断群分類別患者数(診療科別患者数上位5位まで)

内科は5つの専科(内科・総合診療科、腎臓内科、糖尿病内科、消化器内科、循環器内科)の専門医師がおり、連携を取り合い幅広い疾患を扱っています。
糖尿病の教育入院、インシュリンの導入・調整、合併症の治療、腎不全による人工透析の導入や呼吸器疾患、消化器全般、心不全や狭心症などの循環器疾患など、多様な疾病に対処するため、
連携を取り、よりベストな治療を行い、早期回復・退院を目指して治療にあたっています。
高齢者の肺炎・誤嚥性肺炎の疾患が最も多く、また再入院や長期入院が多いため全ての科で診療にあたっています。

内科・総合診療科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
600 総合診療科 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 26.42 21.25 13.33 87.18 8 1585 5231
600 総合診療科 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 23.00 12.43 0.00 81.89 0 437 1556
600 総合診療科 050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 14.31 17.95 6.25 85.06 1 229 1361
600 総合診療科 100380xxxxxxxx 体液量減少症 11 24.45 9.33 9.09 84.00 1 269 924
600 総合診療科 080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし

救急搬送患者の受け入れを積極的に行っており、救急車の受け入れ台数は県内トップレベルです。
救急患者の初療処置・管理を行うため、幅広い診療を救急専門医が行っております。
また、重症患者のハイケアユニット病棟での治療にもあたっています。

腎臓内科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
410 腎臓内科 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12 16.25 12.43 0.00 86.00 0 195 1032
410 腎臓内科 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 33.36 21.25 9.09 83.45 1 367 918
410 腎臓内科 110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
410 腎臓内科 0400801499×012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病ありA-DROP スコア2
410 腎臓内科 110270xx99x0xx 急速進行性腎炎症候群 手術なし 手術・処置等2なし

糖尿病・内分泌内科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
530 糖尿内科 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 29.36 21.25 14.29 87.86 2 411 1230
530 糖尿内科 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし
530 糖尿内科 0400801499×012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病ありA-DROP スコア2
530 糖尿内科 100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし
530 糖尿内科 100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満

消化器内科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
060 消化器科 060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 13.75 11.06 1.64 79.72 1 839 4863
060 消化器科 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 26.00 21.25 6.52 86.50 3 1196 3979
060 消化器科 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 41 16.10 12.43 0.00 86.17 0 660 3533
060 消化器科 060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 14.81 7.44 0.00 72.69 0 474 2326
060 消化器科 060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 30 7.17 7.89 0.00 74.60 0 215 2238

内視鏡的手術・検査を積極的に行っており、特に消化器癌(胃がん・大腸がん・食道がん・胆のうがん・膵臓がん・肝臓がん)や、胆のう炎、胆管結石などの初期治療から手術まで、外科と連携して行っています。
平成28年度は、上部消化管検査は4052件、下部消化管検査は1489件、ERCP関連検査は184件です。
上記に加え、食道ESD2件、胃ESD28件、大腸ESD106件、大腸ポリープ切除術(2cm未満)133件、(2cm以上)26件を行っています。
検査件数が増加しており、スムーズな内視鏡運営のために内視鏡センターとして部署を独立させる予定です。
*ESD:粘膜下層剥離術

循環器内科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
070 循環器科 050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 92 24.66 17.95 5.43 84.14 5 2269 7741
070 循環器科 050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 11.43 11.38 2.17 78.54 1 526 3613
070 循環器科 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 28.19 21.25 15.63 85.81 5 902 2746
070 循環器科 050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 2.81 3.06 0.00 69.46 0 73 1806
070 循環器科 050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 5.40 7.82 0.00 80.40 0 81 1206

狭心症・心筋梗塞などのカテーテル治療(経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術)や、不整脈治療(経皮的カテーテル心筋焼却術、ペースメーカ移植術・交換術)等の手術を積極的に行っております。
急性心筋梗塞患者に対する緊急手術(ステント留置術・形成術(バルーン))による対応が早く、来院から再開通までの時間が短くなっており、より早期の復帰、退院となっています。
また、睡眠時無呼吸症候群の診断の為の短期入院(一泊)も、H29年7月より開始いたしました。
心不全の平均在院日数が長い要因としては、長寿県ならではの高齢者や独居の方が多く、受け入れ先を探すのに時間を要しています。

救急科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
460 救急医学科 030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 46 2.83 5.24 0.00 68.02 0 130 3129
460 救急医学科 160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 2.60 9.87 0.00 81.93 0 39 1229
460 救急医学科 160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 8.86 7.52 0.00 62.07 0 124 869
460 救急医学科 161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 2.43 3.64 14.29 61.93 2 34 867
460 救急医学科 040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 5.83 9.14 41.67 39.08 5 70 469

救急搬送患者の受け入れを積極的に行っており、救急車の受け入れ台数は県内トップレベルです。
救急患者の初療処置・管理を行うため、幅広い診療を救急専門医が行っております。
また、重症患者のハイケアユニット病棟での治療にもあたっています。

外科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
110 外科 060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 8.04 7.61 0.00 62.37 0 410 3181
110 外科 060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 24 5.17 4.42 0.00 68.38 0 124 1641
110 外科 060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 20 5.75 5.60 0.00 42.20 0 115 844
110 外科 060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 19.16 15.92 0.00 78.21 0 364 1486
110 外科 060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 19 10.79 4.48 0.00 71.32 0 205 1355

上記以外に、短期入院の鼠径(そけい)ヘルニア手術での入院が腹腔鏡下手術で80件、開腹手術で3件あります。
当院では、腹腔鏡下の手術を積極的に行っており、術後の経過の短縮から在院日数が短くなっています。特に胆嚢摘出術や鼠径ヘルニア手術、虫垂切除術・癌手術などの手術を腹腔鏡下にて行っています。
癌治療専門医制度の認定医と認定看護師などスタッフと連携しチーム医療を行っています。特に消化器癌(胃癌・大腸癌・肝臓癌・膵臓癌・食道癌)の治療に積極的に取り組んでいます。
また、癌の手術や全身麻酔手術を受ける方には、口腔外科医と連携して術前術後の口腔ケアーや、化学療法を行っている方の口腔内トラブルにも対応し、在院日数の短縮につなげています。
今後、地域の病院・診療所との連携強化に取り組み、病気の発見から治療(化学療法やホルモン療法、緩和ケア)・手術・在宅での療養まで一貫してスムーズに対処できるよう消化器病センター化を構想中です。

乳腺

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
610 乳腺甲状腺外科 070040xx97x0xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) その他の手術あり 手術・処置等2なし
610 乳腺甲状腺外科 070040xx99x0xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2なし
610 乳腺甲状腺外科 090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
610 乳腺甲状腺外科 100020xx99x00x 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし

専門医は非常勤医であるため、外科の医師と連携して治療にあたっています。
治療経過が長く、放射線治療、再手術等は転院しての治療となりますが、化学療法や在宅療養など地域と連携して行っております。

整形外科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
120 整形外科 070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 145 8.96 3.07 0.69 71.52 1 1299 10371
120 整形外科 070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 94 22.95 17.99 0.00 72.04 0 2157 6772
120 整形外科 070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 86 34.91 23.61 3.49 83.22 3 3002 7157
120 整形外科 160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 80 43.25 27.63 3.75 84.30 3 3460 6744
120 整形外科 070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 37 15.59 9.13 0.00 48.86 0 577 1808

脊椎専門外来があり、県内外からの紹介患者が多くなっています。
当院の特色である脊椎疾患の患者が大半を占めています。脊椎専門医がおり、腰部脊柱管狭窄症や骨粗鬆症による脊椎の圧迫骨折など、高齢者に多く見られる疾患や腰椎椎間板ヘルニア、頚髄症等の治療・手術など、脊椎全般の疾患に対応しています。
また、外傷では、特に高齢者の転倒による骨折大腿骨頚部骨折・大腿骨転子部骨折などが、多数を占めています。

脳神経外科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
150 脳神経外科 160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 13.42 7.52 3.23 69.03 1 416 2140
150 脳神経外科 010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 27.55 16.54 3.45 73.45 1 799 2130
150 脳神経外科 160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 14.69 9.87 3.85 79.19 1 382 2059
150 脳神経外科 010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 64.88 19.35 12.50 67.88 3 1557 1629
150 脳神経外科 010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 20.75 18.76 0.00 76.44 0 332 1223

脳卒中パスによる信州大学脳神経外科等と緊密な連携をはかり、術後の治療継続やリハビリ目的での治療が多くなっています。
脳血管障害、頭部外傷などの救急搬送と緊急紹介の受け入れが多く、特に脳梗塞では入院初日からリハビリ介入を積極的に行っております。
高齢者が多く、合併症などもあり在院日数が長くなっていますが、回復期リハビリテーション病棟や包括ケア病棟を利用して、在宅復帰へつなげています。

神経内科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
280 神経内科 010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 38 30.42 16.54 0.00 72.39 0 1156 2751
280 神経内科 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 20.54 21.25 4.17 85.13 1 493 2043
280 神経内科 010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 10.67 7.12 0.00 58.75 0 128 705
280 神経内科 010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 23.00 18.76 10.00 78.40 1 230 784
280 神経内科 010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし

脳卒中の専門資格を持った医師が、治療にあたっております。また地域の病院・診療所・大学病院・訪問看護等と緊密に連携し治療にあたっています。
慢性疾患の患者の受け入れが多く、認知症患者の診療に当たる専任の医師と、認知症ケアの認定看護師によるチーム医療も行っております。
また、脳梗塞後遺症の麻痺改善のための専門医師によるボツリヌス療法入院・リハビリも行っております。

泌尿器科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
310 泌尿器科 110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 30 8.37 7.85 0.00 74.00 0 251 2220
310 泌尿器科 110070xx97x2xx 膀胱腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等22あり 14 12.79 30.69 0.00 74.29 0 179 1040
310 泌尿器科 110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 13 15.54 15.07 0.00 70.54 0 202 917
310 泌尿器科 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12 11.75 12.43 8.33 74.58 1 141 895
310 泌尿器科 110080xx99000x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 16.80 10.89 0.00 84.10 0 168 841

膀胱癌・前立腺癌などの悪性腫瘍の手術や・化学療法・ホルモン療法などが大変多く、歯科医と連携し口腔ケアにも取り組んでおります。
上記以外に短期入院の前立腺癌疑いの検査入院も93件と、検査診断から手術・治療・在宅医療まで手厚く診療を行っています。
腎臓、尿管、膀胱、前立腺、精巣などの病気を担当しています。これらに関してお困りでしたら御相談下さい。
治療の継続が必要で落ち着いている方は、開業医の先生を紹介させていただいています。

産婦人科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
220 産婦人科 120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 38 2.53 3.08 0.00 45.00 0 96 1710
220 産婦人科 120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 30 8.13 10.05 0.00 44.23 0 244 1327
220 産婦人科 120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 20 8.05 10.36 0.00 49.90 0 161 998
220 産婦人科 12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
220 産婦人科 12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮内膜掻爬術 手術・処置等2なし

特に良性腫瘍の手術を積極的に行っています。また、悪性腫瘍患者の化学療法治療も行っており、幅広い診療を行っております。
子宮鏡下の手術は、地域の病院・診療所よりの紹介患者が多くなっています。
上記以外に短期入院の子宮筋腫摘出術9件、子宮頸部(膣部)切除術18件行っております。

眼科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
230 眼科 020400xx97xxxx 眼、付属器の障害 手術あり 17 2.06 9.12 0.00 65.06 0 35 1106
230 眼科 020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり
230 眼科 020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり
230 眼科 020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし
230 眼科 160200xx99x0xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし

常勤医一人のため、信大眼科と連携しながら診療にあたっており、手術日・手術件数・可能な手術に制限がありますが、白内障・緑内障・黄斑変性などの一般診療を中心に行っております。
上記以外に短期入院の白内障の手術は月10件平均で年間115件実施しています。

耳鼻咽喉科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
240 耳鼻咽喉科 030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 19 10.05 8.12 0.00 24.79 0 191 471
240 耳鼻咽喉科 030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 15 6.47 5.24 0.00 61.67 0 97 925
240 耳鼻咽喉科 030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 12 4.33 5.43 0.00 52.83 0 52 634
240 耳鼻咽喉科 030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 10 5.40 5.50 10.00 36.60 1 54 366
240 耳鼻咽喉科 030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎

常勤医一人でありながら、積極的に手術を行っています。
急性疾患だけでなく、ナビゲーションシステムの導入により慢性副鼻腔炎等の手術も行えるようになりました。

小児科

診療科コード 診療科名 DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
100 小児科 040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 98 4.74 6.42 0.00 3.35 0 465 328
100 小児科 0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 4.57 5.79 0.00 6.46 0 315 446
100 小児科 040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 54 4.44 6.09 0.00 1.72 0 240 93
100 小児科 150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 47 3.40 5.50 0.00 4.81 0 160 226
100 小児科 030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 36 4.47 5.50 0.00 2.11 0 161 76

地域の開業医からの紹介患者も多く、喘息などの慢性疾患のほかに、ウイルス疾患での乳幼児の入院が多くを占めております。
また、地域の中核病院として幅広い疾患を受け入れ、県立こども病院や地域の病院・診療所と緊密な連携をとり診療にあたっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

5大癌 StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明 再発 病期分類基準 版数
胃癌277835152017
大腸癌 24 10 47 45 11 50 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 3 1 7
肺癌 0 1 1 8 1 7 1 7
肝癌 5 3 1 7 0 26 1 7

成人市中肺炎の重症度別患者数等

重症度 患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 19 8.47 57.53
中等症 73 16.64 80.88
重症 37 21.08 86.11
超重症 10 31.50 89.10
不明

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率 転院患者数 合計在院日数 合計年齢
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 14 3.86 72.50 0.00 0 54 1015
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 189 40.88 77.59 7.18 15 7727 14664
その他 20 69.25 79.50 0.96 2 1385 1590
I65$ 脳実質外動脈の閉塞および狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリスC動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
060 消化器科 K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 133 0.11 1.48 0.75 67.77 1 15 197 9014
060 消化器科 K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 0.96 11.58 2.08 77.23 1 46 556 3707
060 消化器科 K654 内視鏡的消化管止血術 28 0.14 12.07 3.57 76.46 1 4 338 2141
060 消化器科 K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 26 1.85 16.35 0.00 80.81 0 48 425 2101
060 消化器科 K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 26 0.08 2.00 0.00 64.42 0 2 52 1675

循環器内科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
070 循環器科 K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 29 2.34 11.45 3.45 77.21 1 68 332 2239
070 循環器科 K597-2 ペースメーカー交換術 18 0.28 7.83 0.00 82.94 0 5 141 1493
070 循環器科 K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 14 1.79 3.14 0.00 66.43 0 25 44 930
070 循環器科 K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 11 0.09 12.55 0.00 70.64 0 1 138 777
070 循環器科 K620 下大静脈フィルター留置術 11 0.00 12.91 0.00 69.82 0 0 142 768

小児科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
100 小児科 K300 鼓膜切開術
100 小児科 K331 鼻腔粘膜焼灼術
100 小児科 K368 扁桃周囲膿瘍切開術
100 小児科 K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
100 小児科 K783-2 経尿道的尿管ステント留置術

外科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
110 外科 K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 80 1.13 3.19 0.00 66.34 0 90 255 5307
110 外科 K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.94 6.41 0.00 64.12 0 128 423 4232
110 外科 K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 4.93 14.57 0.00 74.47 0 148 437 2234
110 外科 K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.55 4.20 0.00 42.20 0 11 84 844
110 外科 K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 16 0.75 6.56 0.00 56.38 0 12 105 902

整形外科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
120 整形外科 K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)*1 102 2.42 21.47 0.98 71.61 1 247 2190 7304
120 整形外科 K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 88 4.90 35.97 4.55 82.56 4 431 3165 7265
120 整形外科 K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 38 6.61 14.42 0.00 46.47 0 251 548 1766
120 整形外科 K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成)*2 20 4.00 30.55 0.00 63.95 0 80 611 1279
120 整形外科 K142-4 経皮的椎体形成術 *3 19 9.32 18.05 5.26 78.37 1 177 343 1489

*1 腰椎の脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などの疾患に対して行われる開窓術がこの手術です。
*2 頚椎の頚椎症性脊髄症や頸椎後縦靭帯骨化症などの疾患に行われる手術です。
*3 経皮椎体形成術とはBKPと呼ばれる手術で、この専門医資格を持った医師しかできない手術です。
この手術は、骨粗鬆症などで脊椎圧迫骨折の患者様に行われる手術で、2011年1月~公的保険の適応となった比較的新しい手術です。
5mm程度の皮膚切開を2ヶ所行い、骨折した(つぶれた)椎体内で風船を膨らませ椎体の形を整え、その空間に骨セメントや人工骨を挿入し、骨折した椎体を安定させ痛みを改善させます。
特徴は、短時間(約1時間)の手術で、手術翌日から歩行可能となり、早期に痛みの軽減が行えること、生活の向上が期待できることです。
体の負担は以前の治療法より少ないため、以前は手術をあきらめていた患者様にも手術を施行できる可能性が高まりました。

脳神経外科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
150 脳神経外科 K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 1.29 17.08 0.00 80.17 0 31 410 1924
150 脳神経外科 K1781 脳血管内手術(1箇所) 11 3.18 82.36 9.09 67.36 1 35 906 741
150 脳神経外科 K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
150 脳神経外科 K145 穿頭脳室ドレナージ術
150 脳神経外科 K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)

産婦人科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
220 産婦人科 K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 42 0.60 1.02 0.00 47.26 0 25 43 1985
220 産婦人科 K877 子宮全摘術 26 1.23 6.15 0.00 47.77 0 32 160 1242
220 産婦人科 K867 子宮頸部(腟部)切除術 18 0.56 1.00 0.00 39.78 0 10 18 716
220 産婦人科 K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 17 1.06 6.00 0.00 52.41 0 18 102 891
220 産婦人科 K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 11 1.00 6.45 0.00 41.27 0 11 71 454

眼科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
230 眼科 K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 114 1.00 1.03 0.00 74.59 0 114 117 8503
230 眼科 K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) 17 0.00 1.06 0.00 65.06 0 0 18 1106
230 眼科 K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
230 眼科 K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)

耳鼻咽喉科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
240 耳鼻咽喉科 K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 19 1.63 7.42 0.00 24.79 0 31 141 471
240 耳鼻咽喉科 K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの) 16 1.25 1.94 0.00 56.13 0 20 31 898
240 耳鼻咽喉科 K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
240 耳鼻咽喉科 K331 鼻腔粘膜焼灼術
240 耳鼻咽喉科 K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術

神経内科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
280 神経内科 K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
280 神経内科 K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)
280 神経内科 K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術)
280 神経内科 K722 小腸結腸内視鏡的止血術

泌尿器科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
310 泌尿器科 K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 41 1.29 6.07 0.00 73.90 0 53 249 3030
310 泌尿器科 K800-2 経尿道的電気凝固術 20 1.35 5.80 0.00 73.15 0 27 116 1463
310 泌尿器科 K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 3.93 12.21 0.00 75.79 0 55 171 1061
310 泌尿器科 K797 膀胱内凝血除去術 11 1.09 12.73 9.09 80.36 1 12 140 884
310 泌尿器科 K843 前立腺悪性腫瘍手術

腎臓内科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
410 腎臓内科 K610-3 内シャント又は外シャント設置術
410 腎臓内科 K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
410 腎臓内科 K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)
410 腎臓内科 K688 内視鏡的胆道ステント留置術

救急科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
460 救急医学科 K331 鼻腔粘膜焼灼術
460 救急医学科 K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
460 救急医学科 K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの)(長径10cm以上)(その他のもの)
460 救急医学科 K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)
460 救急医学科 K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他)

糖尿病・内分泌内科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
530 糖尿内科 K2761 網膜光凝固術(通常)
530 糖尿内科 K610-3 内シャント又は外シャント設置術
530 糖尿内科 K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
530 糖尿内科 K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術

内科・総合診療科

診療科コード 診療科名 Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 転院患者数 合計術前日数 合計術後日数 合計年齢
600 総合診療科 K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
600 総合診療科 K610-3 内シャント又は外シャント設置術
600 総合診療科 K0811 人工骨頭挿入術(肩,股)
600 総合診療科 K620 下大静脈フィルター留置術
600 総合診療科 K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内症候群 同一
130100 異なる 4 0.07
180010 敗血症 同一 25 0.44
180010 異なる 18 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.04
180035 異なる 2 0.04
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.30
180040 異なる 5 0.09

参考) 手術・処置等の合併症のICD10別症例数等

ICD10 傷病名 入院契機 症例数 発生率
T810 処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの 同一 4 0.07
T814 処置に続発する感染症,他に分類されないもの 同一 4 0.07
T818 処置のその他の合併症,他に分類されないもの 異なる 1 0.02
T820 人工心臓弁の機械的合併症 同一 1 0.02
T827 その他の心臓及び血管の人工器具,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応 同一 1 0.02
異なる 1 0.02
T828 心臓及び血管のプロステーシス,挿入物及び移植片のその他の合併症 異なる 2 0.04
T835 尿路系プロステーシス,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応 同一 2 0.04
T845 体内関節プロステーシスによる感染症及び炎症性反応 同一 1 0.02
T855 胃腸プロステーシス,挿入物及び移植片による機械的合併症 同一 3 0.05
T886 適正に投与された正しい薬物及び薬剤の有害作用によるアナフィラキシーショック 同一 1 0.02
異なる 1 0.02
更新履歴 2017.09.28