MRI室

部署紹介 放射線科部

MRI室

Signa HD1.5T/GEヘルスケア社製の装置が設置されています。

MRI 核磁気共鳴コンピュータ断層撮影装置

(Signa HD1.5T/GEヘルスケア社製 )

 MRI検査の特徴は放射線を使いません。磁気と電波を利用して人体のあらゆる断面像を撮影します。
そのため被曝の心配はありません。近年のMRI装置は飛躍的に進歩しており、整形領域はもちろん事、超急性期の脳梗塞にも診断され、早期治療を受けられ様になってきています。
また最近は、病々連携で地域医療機関の委託検査を行って質の高い医療を提供しています。


MRICP撮影[flv:http://www.azumino.jrc.or.jp/wp-content/uploads/2011/02/MRI-MRCP.flv 450 380]


MRI検査を受ける際のご注意

■ 緊急検査にも対応していますが、通常、予約制の検査になっています。
  予約の方は検査前の着替えがありますので、放射線科受付20分前にはお越しください。
  患者様の安全のために、再度検査前に問診を行いますが、ご不明な点がございましたら、
  担当医師、検査担当者におたずねください。
■ 心臓ペースメーカー・人工内耳や刺激電極など身につけている方は検査出来ません。
■ 体内金属が埋め込まれている方は担当医師又は検査担当者にお申し出ください。
■ 検査室の中は磁場が発生しています。磁気カード、アクセサリー、ヘアピン、機械類の持ち込みに注意してください。
  入れ歯は外して頂きますが、歯の充填剤、金冠は問題ありません。
■ 化粧品の顔料に金属を含んでいるものがありますので検査前に落としておいてください。
■ コンタクトレンズも同様にはずしていただきますのでケースを持参してください。
■ 胎児に対する磁場の影響は、不明な点がありますので、妊娠中の方は担当医師又は検査担当者にお申し出ください。