泌尿器科

スタッフ

部長  村田 靖 (むらた やすし) 

専門医等 日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器科学会指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
所属学会 日本泌尿器科学会、日本排尿機能学会、日本癌治療学会

医師 原 寛彰 (はら ひろあき)

専門医等
所属学会 日本泌尿器科学会・日本女性骨盤底医学会・日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

診療科の特色

地域に根差した医療を心がけて日常診療にあたっています。開業の先生方との連携を重視し、総合病院に求められている医療をすみやかに実践できるように努力しています。
総合病院のメリットを最大限に活用するために、院内の他の診療科の医師との連携も重要視しております。
病状の説明は、できるかぎり専門用を用いない、わかりやすい説明を心がけております。病状を説明の上、患者さんのご希望に沿った治療を実践します。
必要により、信州大学付属病院などの他病院と連携しております。
専門医などの取得維持を心がけ、最新の医療知識の習得と技術の向上に努めています。
泌尿器腹腔鏡技術認定認定者が常勤医師として勤務していますので、開腹手術と同様に腹腔鏡手術も実施しています。

【皆様へのお願い】

・尿の色が赤くなったら、すみやかに泌尿器科を受診してご相談ください。尿の色が赤くなる以外 の症状がない場合は特に注意が必要です。喫煙歴のある方、50歳以上の方は膀胱がんなどの尿の通り道のがんの可能性がさらに高いと言われています。一度でも尿が赤くなれば精密検査が必要です。お近くに泌尿器科の開業の先生がおられるようでしたら、まず開業の先生にご相談いただくのが良いでしょう。

・50歳以上の男性の方は、PSAの測定をおすすめします。健康診断や人間ドック、開業のかかりつけの先生にお願いしてみてはいかがでしょうか。大雑把に100人中1から2人程度の割合で異常がみつかります。PSAに異常があれば3人中1人以上の割合で前立腺がんがみつかります。

・女性の方で、排尿時の痛み(特に終わりころに出口がしみるような痛み)、残尿感(排尿後にも違和感や尿意がある場合)、頻尿(やたらトイレが近い)などがある場合は急性膀胱炎が疑われます。まずはお近くの開業の先生にご相談いただき、それでも改善しない場合や繰り返す場合は、ぜひ泌尿器科でご相談ください。

・体の表面にボツボツができたり、痒みがある場合など、皮膚の異常がある場合は皮膚科でご相談いただくのがおすすめです。当科に受診した場合は皮膚科(状況次第では開業の皮膚科の先生)に紹介しますのでご了承ください。

・病院の機能上、状態が落ち着いたらできるかぎり開業の先生に紹介させていただいております。ご理解、ご協力をお願い致します。