救急科

スタッフ

 

集中治療部長 藤田 正人 (ふじた まさと)

専門医等 日本救急医学会救急科専門医、 麻酔科標榜医、日本麻酔科学会麻酔専門医・指導医、
JPTECインストラクター、厚生労働省DMAT登録隊員
所属学会 日本集中治療医学会、日本麻酔科学会、 日本救急医学会、日本集団災害医学会
専門分野 重症患者管理、集中治療医学、麻酔科学、救急医療

第一救急部長 亀田 徹 (かめだ とおる)

専門医等 日本救急医学会専門医・指導医、 日本超音波医学会専門医・指導医(総合)、日本集中治療医学会専門医、プライマリ・ケア連合学会指導医、麻酔科標榜医
所属学会 日本救急医学会、日本超音波医学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本集中治療医学会、 日本小児救急医学会、日本腹部救急医学会
専門分野 救急医学、超音波診断全般

医師 路 昭遠 (ろ しょうえん)

所属学会 日本救急医学会、日本整形外科学会

医師 秋田 真代 (あきた まよ)

専門医等 日本救急医学会救急科専門医
所属学会 日本救急医学会、日本集中治療医学会

嘱託医師 高橋 正年 (たかはし まさとし)

嘱託医師 信州大学医師

診療科の特色

救急というと”生死の境をさまよう”とか、”血がいっぱい出ている重傷の怪我”とかのイメージでしょうか?あるいは、いつでも受診できるコンビニみたいな印象でしょうか?双方の印象はどちらも合っている面もあれば、どちらも間違っている面もあります。救急の本来の姿は生命に関わる救急処置を速やかに適切に行い、安定化させる事にあります。そして、疾患によらず、性別によらず、年齢によらず、初期医療を提供し、その他の専門診療科に引き継いでいきます。当院は全ての診療科が揃っているわけではないため、受診日によっては他院への案内や紹介をする事がありますが、おらが街の地元の医療機関としてご利用ください。

診療内容

自分の症状が軽いのか、あるいは重い病気の前兆なのか・・・? その判断は我々医療の専門家であっても難しいことがあります。  理想的には症状の軽い方から心肺停止状態のような最重症まで、重症度によらず全ての救急患者さんの診療に対応できるのが望ましいのですが、一方、医師不足は昨今大きな社会問題となっており、当院もその例外ではありません。
まずは、救急車で搬送された方の初期診療は原則として救急部医師が担当し、生命を脅かすような緊急事態に対しては救命蘇生処置を行い、初期診療後に各科専門医師にその後の治療を引き継がせていただきます。

救急部で担当する重症疾患の一例

①心肺停止状態 意識がもうろう、あるいは反応が全くない(脳卒中、意識障害など)
②呼吸の状態が極めて悪い(呼吸不全、重症肺炎、気管支喘息重積発作など)
③血圧が極めて低い(ショック、循環不全など)
④強い胸痛(急性心筋梗塞や大動脈解離など)
⑤強い腹痛(腸に穴が開く病気や腹膜炎、腹部動脈瘤破裂など)
⑥交通事故や転倒、転落などによる外傷
⑦熱傷、溺水、窒息、熱中症、低体温症、急性薬物中毒など

救急部の看護師

私たち、救急部の看護師は、24時間体制で救急患者さんの受け入れに対応しています。 また、質の高い救急医療、看護を提供していくために、各研修への参加、救急部での定期的な勉強会を行って、より一層の知識と技術の向上に努めています。 **笑顔と優しさ** をモットーに、医師 放射線技師 検査技師 薬剤師 工学技師 事務職員等と一致協力しています。

現在の夜間救急体制は、

月曜日から木曜日 ・・・ 救急部医師の当直

 

金曜日から日曜日 ・・・ 内科系、外科系の各診療科医師の当直

 

二次輪番日

内科系 ・・・ 毎週の金曜日、毎週火曜日、第3週の土曜日

 

外科系 ・・・ 毎週金曜日、第3週の土曜日、第4週の日曜日

 

小児科 ・・・ 第3週の土曜日

 

*できる限りご紹介に応えていきますので宜しくお願いいたします。