外科

スタッフ

部長 松下 啓二 (まつした けいじ)

専門医等 日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会認定医・
専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機
構がん治療認定医・暫定教育医、信州大学医学部臨床教授、日本プライマリ・ケア連合学会指導医
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、 日本食道学会、日本消化器内視鏡学会、日本臨床外科学会、日本癌治療学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床腫瘍学会、日本プライマリ・ケア連合学会
専門分野 食道、胃、小腸、大腸、肛門疾患、ヘルニア、腹部救急疾患、消化器がん化学療法

部長 島田 良 (しまだ りょう)

専門医等 日本外科学会認定医・専門医、日本消化器外科学会認定医・専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医、消化器がん外科治療認定医、NST認定医
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝臓学会、日本内視鏡外科学会、日本静脈経腸栄養学会
専門分野 肝臓、胆嚢、膵臓疾患、内視鏡外科、栄養管理、ヘルニア、胃、大腸

部長 高山 寛人 (たかやま ひろと)

専門医等 日本外科学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会 、日本食道学会、日本胃癌学会、日本緩和医療学会、日本内視鏡外科学会、日本ヘルニア学会
専門分野 食道、胃、小腸、大腸疾患 、内視鏡外科、ヘルニア

副部長 内川 裕司 (うちかわ ゆうじ)

専門医等 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器病学会専門医
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本臨床外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本内視鏡外科学会
専門分野 胃、小腸、大腸疾患、肝臓、胆道、膵臓疾患、腹部画像診断

診療科の特色と診療内容

(1)消化器がん治療

患者さんに対して適切な診断と標準的な治療法の指導、さらに実践というがん治療の専門医制度が国を挙げて発足されており、当院では外科スタッフがそれを取得し、がん治療認定医として日々診療にあたっております。
特に食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓、すい臓がんといった消化器がんを得意分野としております。
がん治療の柱は手術でありますが、従来のような大きな開腹ではなく、内視鏡を使った小さな傷での低侵襲の手術を胃がん、大腸がんを中心におこない好評を得てきております。抗がん剤治療については、化学療法チームを結成して年間約800 件の通院での化学療法を実施しております。安曇野市及び近隣地区在住の患者さんにとって安心感があり、通院しやすい環境を目標としています。
また、がん患者さんを守る緩和ケアの専門チームが当院独自のマニュアルのもと精力的に活動しています。がん専門病院のような縦割り的なケアでなく、いつものスタッフと顔と顔を向かいあわせながら、家庭的な雰囲気で療養できることを目標において、患者さんの生活の質を維持していきたいと考えています。
 

(2)低侵襲手術の推進(内視鏡外科)

患者さんにとって、手術は切られることで痛い治療だという認識と傷を作りたくないという意識があり、特に盲腸、脱腸(ヘルニア)、胆石等の良性の病気を手術せず我慢してしまう傾向があります。腹腔鏡を用いることで小さな傷で手術をおこなうことが可能となり、また手術野がきれいに見えることで丁寧な手術となり良性の病気の治療には最適と考えます。当科では常にこの手術の適応を患者さんごとに考え治療法を相談し決定しております。

 

(3)救急治療

救急部が設置され、重傷救急患者さんの急増に伴い外科で対応する腹部救急のケースも増加してきました。腸捻転、虫垂炎、胆嚢炎、脱腸(ヘルニア)、腹膜炎等の腹部救急疾患に対しては積極的に受け入れ、麻酔科の協力を得て昼夜を問わず緊急手術で対応しております。
 

(4)手術実績

手術実績(2015年1月~12月 外科専門医4名が担当した手術)

 

全手術件数 366例 (うち腹腔鏡下手術件数 234例)

※主な消化器疾患手術件数(入院手術のみ、同時手術はそれぞれ集計)

  1. 胃がん 26例(腹腔鏡手術13例)
  2. 大腸がん 53例(腹腔鏡手術 40例)
  3. 小腸がん 2例
  4. 膵臓がん 2例
  5. 肝臓がん 4例
  6. 胆のう摘出70例(腹腔鏡手術65例)
  7. ヘルニア 78例(腹腔鏡手術 68例)
  8. 急性虫垂炎 30例(腹腔鏡手術 30例)
  9. 腸閉塞 14例(腹腔鏡手術 2例)