委員会だより

第一回パス大会開催される

詳細な入院診療計画書をクリニカルパス(パス)と言います。
パス使用の目的は、入院治療について患者さまに詳しく分かりやすくご説明し、ご自分の入院計画を理解され納得されて、患者さまとご家族の皆さまに、主体的に治療に取り組んでいただくためのひとつの方法を示したものです。
患者さま、ご家族の皆さまが納得され治療に参加されることが病気快復にとってとても大切であります。このことが厚生労働省の目指している望ましい医療の提供と入院期間の短縮へと繋がっていくものであると考えています。 当院では、三年程前からパスに取り組み、現在五十五種類のパスが使用されています。三月に第一回目のパス大会が開催され、百十二名の職員が参加し熱心に耳を傾けていました。今回はパスの使用の現状報告と外科チームによる胃の手術に関するパスの発表があり、活発な意見交換が行われました。
今後も検討を重ね、患者さまに安心して病気療養に取り組んでいただけるパス作成と実施に努力していきたいと考えています。

(クリニカルパス実行委員会)