ボランティアの声と募集 ボランティアだより

『雑 感』  ボランティアの会  村瀬 眞貴

長い冬もようやく終り、今や花々の時期となりました。人々の服装もぐっと軽やかになり、身のこなしも颯爽として見えます。私、柄にもなく日赤ボランティアの会の末席に名を連ねていただき、はや半年が過ぎました。自身の体力に合った仕事をさせてもらい、又なつかしい皆様方(皆「○○長」がついて居りましたが)にお会い出来てうれしい限りです。
長い間豊科日赤をささえて来られた方々、本当に御苦労様です。私、日赤には足を向けて寝られない程お世話になって居り、少しでも御恩が返せたらと思って参加した次第です。玄関に立って、通院される皆様をお迎えして思うことは、健康のありがたさです。現在の健康に感謝しつつ、患者さんの気持に少しでも近づくことが出来れぱと考えます。どうぞよろしくお願いします。