医療連携について

 副院長 澤海 明人

医療の効率化と質の向上のための、医療機関の機能分化(役割分担)と医療連携(協力)

“医療連携”という言葉をご存知ですか?医療連携とは一人の患者様の診療を複数の医療機関が協力して行うことです。
 現在日本の医療はさまざまな問題を抱えています。少子高齢化、長引く経済状況の低迷、これらによって医療保険財政が悪化しています。一方臓器移植、遺伝子治療、再生医療をはじめとして医療は高度化し、また患者様の期待度や要望も拡大しており、必然的に医療費は増大します。政府はこうした医療保険財政の悪化と国民医療費の増大に対処するために、保険料の総枠性、患者様の自己負担金の増額、医療機関に対する診療報酬の引き下げなど患者様にとっても医療機関にとってもありがたくない改革を行ってきました。一方で長期的な医療改革として、医療の効率化を行いながら更に患者様に提供する医療の質の維持、向上も同時に達成することを目指しています。この”医療の効率化と質の向上”のために、政府は”医療機関の機能分化(役割分担)と医療連携(協力)”という方向性を打ち出しました。従来、開業医(診療所)も病院もお互いに情報の交換が無いまま同じような診療を行っていました。患者様は時には診療所と病院両方を受診し、互いの情報が無いので同じような検査を受け、同じような薬を処方され、時間的にも経済的にも負担が増加します。医療機関側においては、病院も診療所も同じような医療機器や設備を設置しなければなりません。これは医療を全体的に捉えれば大きな無駄といえます。そこで無駄を無くすために開業医と病院医師が患者様の診療におけるある部分の役割を分担し、互いに協力し合いながら医療を進めます。具体的には患者様はまず診療所に通院します。そして精密検査、入院治療、手術などの必要が生じた場合開業医の指示で病院を受診します。病院での診療が終了すれば以後はまた診療所に通院します。そして必ず開業医と病院医師は連絡をとり患者様の情報を交換します。また患者様の状態によっては、当院のような急性期病院での診療を行った後、療養型病床を持つ慢性期医療を行う病院や福祉施設に移ります。
 この場合も患者様の情報は必ず伝達されます。
 こうした役割分担により、病院は救急医療、重症患者様、入院患者様の診療に専念でき、結果として患者様に提供する医療の質が向上します。
また患者様に生じるメリットとして次のようなものが考えられます。

開業医と病院医師が役割を分担し、互いに協力しあいながら医療を進めます

①質の高い医療が受けら れる。
②自己判断でいろいろな医療機関にかかるより時間的にも経済的にも無駄がなくなる。
③病院の外来診療に余裕ができるので待ち時間が短縮される。
④複数の主治医(診療所・病院他)にかかることにより見落としの少ない安全な医療が保証され、継続した治療が受けられる。

医師の特性を上手に活用することにより、診療は更に充実するものと思われます。

 開業医は広い領域の知識を持った万能型の医師であり、また頻回の診察や治療を提供できます。一方病院医師は専門とする狭い領域の高度の医療を提供できます。これらの医師の特性を上手に活用することにより、患者様たちの診療は更に充実するものと思われます。
 重症、救急、紹介状持参の患者様は優先して診療し、軽症、病状の安定した患者様は診療所に紹介させていただくわけですが、これはあくまで連携を重視して病院としての機能を高め、良い医療を患者様に提供することが目的であり、決して一般の外来患者様をないがしろにするわけではありませんし、見捨てるわけではありません。
 良い医療を提供させていただくために、医療機関の役割分担と連携に関して皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。