放射線科だより

マンモグラフィーQ&A

30人1人が乳がんになる?

日本の乳がんの発生率は、増加の傾向にあり一九六三年を境に女性の悪性腫瘍の中で第一位になっています。女性三〇人に一人が乳がんになる。こんなショッキングなデータもあり、また死亡率も年々増加しています。欧米では、日本と同様に発生率も増加の傾向でありますが、逆に死亡率は減少しています。この理由の一つが、乳がんの早期発見であり、それを可能にするものにマンモグラフィー検診があります。

Q マンモグラフィーってなあに?

A マンモグラフィーは乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺、乳房専用のX線撮影です。

Q 撮影方法は?

A 乳房を挟みながら圧迫して上下方向と左右方向から撮影します。
(両方の場合四枚)

Q どうして圧迫しなければいけないの?

A 乳房を圧迫しながら簿く均等に広げます。こうすることにより、少ない線量で乳房の中(乳腺の中の微細石灰)をより良く見ることができます。