医局だより 【最新医学】病気について

「かぜ」って何?  内科医師 山口 伸二

 みなさんよく「かぜを引いた」などといいますが「かぜ」ってなんでしょう。医学的に「かぜ」とは原因の種類に関係なく、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛み・咳・痰などの上気道症状に加え、発熱・頭痛・全身倦怠感・食欲不振などの全身症状を伴う状態で、一括して「かぜ症候群」と呼んでいます。

  「かぜ症候群」とはそのほとんどがウィルス感染によるものです。皆さんが良くご存知のインフルエンザウィルス感染によるものも大きな意味では「かぜ症候群」の一つに入りますが、原因のはっきりしたものはこの「かぜ症候群」の中から除きます。「かげ症候群」を引き起こすウィルスのほとんどは感染後数日間の症状を起こすのみで、元気な人であれば特別治療をしなくても軽快します。現代の医学では一部のウィルスに効果のある抗ウィルス剤というのがありますが、「かぜ症候群」を引き起こすウィルスだちに効果のある薬剤は存在しません。ですから、基本的な治療は安静と栄養補給ということになります。病院では、熱があれば熱さまし(解熱剤)、咳があれば咳止め(鎮咳剤)、のどの痛みや関節痛などがあれぱ痛み止め(消炎鎮痛剤)などを処方していますが、これらは「対症療法」といわれているもので原因となっているウィルスを治療しているわけではありません。つまり、かぜをなおす薬というのはこの世の中には無いということです。 ただし、乳幼児や老人、糖尿病やステロイドなどの一部の薬を内服していて細菌感染を起こしやすい状態になっている人には、かぜのウイルスで障害された気道から細菌などが二次的に感染して起こる合併症を予防するために抗生物質を飲んでいただきます。 「かぜ症候群」を引き起こすウィルスに抗生物質は効果がありませんが、肺炎を合併して致死的な状態となることが予想されるときには飲んでいただきます。抗生物質は個々の薬に効く菌、効かない菌があります。実際にはどの細菌が感染しているかわからないことが多いので、症状やレントゲンなどで予想して抗生物質を選択します。抗生物質を複数、長い期間飲んでいると”耐性菌”と呼ばれる抗生物質の効きにくい菌が出現し命をおとすこともありますので必要最低限の使用にとどめるべきと考えています。

 大事なのは普段からかぜをひかないよううがいなどをして注意をすることです。それでもかぜをひいたらまず水分・栄養補給をし、安静にしましょう。ほとんどの場合には四~五日で良くなるはずです。ただし、いつものかぜと違う症状が出た場合や、高熱が続く、黄色い痰が出て苦しいなどの症状があるときには医療機関を受診し、正しい投薬をしていただくようにしましょう。