薬剤部 お薬のはなし  お薬手帳を活用しましょう

Q お薬手帳とは?

A :
お薬手帳は、あなたに処方されたお薬の記録(薬歴)を残すために使用する大切な手帳です。
病院や医院、歯科医院、薬局に行く時には服薬状況や薬剤服用歴の確認が必要になりますので、毎回必ず持参して、医師・歯科医師や薬剤師にお見せください。
・薬局で市販のお薬(風邪薬等の常備薬)を購入される時も記録をしておきましょう。
・病院や医院で院外処方箋で薬局でお薬をいただく時も記録を書き入れていただきましょう。またお薬の名前の記載されたシールや説明書などを渡された場合も同じようにお薬手帳に保存してお薬の記録を残すように心掛けましょう。
・お薬について解らないことや困ったことがある場合は手帳に記録しておいて、医師・薬剤師に気軽に相談してください。


Q お薬の飲み方は?

A :
食 前……食事の30分位前
食 後……食事のあと30分位までの間
食直前……食事のすぐ前
食直後……食事のすぐ後
食 間……食事の約2時間後
就寝前……寝る30分位前までの時間
頓 服……症状に応じて服用する(発熱時・痛いとき等)

指示された服用時間はそのお薬に一番適している用法です。
指示どおりに飲めなかったり、お薬が飲みにくかったりする場合はなるべく早く医師や薬剤師に相談してください。
お薬はコップ一杯程度の水またはぬるま湯で飲みましょう。お茶や牛乳などで飲むとお薬が効かない場合があります。


Q もしお薬を飲み忘れてしまったら?

A :
お薬の飲み忘れに気づいたら、できるだけ早く飲むようにしましょう。次にお薬を飲む時間と重なってしまった場合は一回飲むのをやめるか次に飲むお薬の時間を遅らせましょう。しかしお薬の種類によっては対応が異なることもありますので前もって医師に相談しておくと安心ですね。
飲み忘れてしまった時、決して2回分を一度に飲むことはしないでください。お薬が効きすぎて危険な状態になりかねません。


☆最後に、あなたのお薬の情報が記録された大切なお薬手帳です。必ず「お名前」をお薬手帳にご記入ください。