薬剤部 おくすりの常識 ジェネリック薬品をもっと知ろう

Q ジェネリック薬品ってどんな薬?

A :
新薬(先発品)の特許満了後、厚生労働省の承認の後発売されるお薬です。開発費を大幅に抑えることができるためその分安くなります。従ってすべてのお薬にジェネリック薬品があるわけではありません。高血圧・糖尿病など長く服用しなければならないお薬ほど安さを実感できます。


Q 効き目はどうなんだろう?

A :
同じ有効成分で開発・製造されるのがジェネリック薬品です。また新薬との同等性を確認するため「生物学的同等試験」が行われ適合してはじめて発売することができます。
 新薬と同じように国で定められた基準を満たしています。しかし全く同じものではありません。それは医薬品添加剤が含まれているからです。


Q 医薬品添加剤ってどんなもの?

A :
日本薬局方製剤総則に「添加剤は、製剤に含まれる有効成分以外の物質で、医薬品の有用性を高める、製剤化を容易にする品質の安定性を図る・・・使用される添加剤はその製剤の投与量において薬理作用を示さず無害でなければならない。また添加剤は有効成分の治療効果を妨げまた試験に支障をきたすものであってはならない」と規定されています。製薬会社によって使用する添加剤は異なることがありますが使用されている添加剤は公表されています。


Q どうしたら使えるの?

A :
全国の病院・診療所・保険薬局で取り扱っています。また国としても使用を推進しています。気軽に医師・薬剤師に相談してください。


Q うまく使うコツは?

A :
いままで先発品を使っていて、後発品に変えた場合は注意をしてください。そして何か変わったことたとえば(血圧の下がりが前と違う)(血糖の下がりが違う)等、何か気がかりなことが出てきたらすぐに医師・薬剤師に相談してください。