職場紹介  地域医療連携課

 地域医療連携課は、地域医療の充実を図ることを目的として平成19年10月に正面玄関隣りに設置されました。2名で発足した課も、本年7月からは看護師2名、事務員3名の体制となりました。産声を上げたような状態の課ですが、今後早急に医療連携が円滑に行われるよう、また地域の皆様の健康に貢献するべく日々奮闘しております。
 「病診連携」「病病連携」という言葉をお聞きになったことがあると思いますが、患者さまの治療と健康の維持を地域の先生方(診療所・病院など)と一緒に推進していこうという一体化した医療システムのことを指します。また当院と地域の先生方(かかりつけ医)とお互いの長所を最大限に活かして、病気の早期発見と専門的な治療に努めることを目的としております。当院では、ご紹介いただきました患者さまの治療後、症状が安定した段階で紹介元の医療機関にてその後の治療を継続的にお願いしております。

 患者さま側からですと、「かかりつけ医」をお持ちいただくことで、ご自身の健康について相談し治療を受けることが出来ます。専門的な検査や入院が必要と判断されて当院へ紹介された場合は、治療経過や処方内容が事前にわかるため診察がスムーズに行えます。また、紹介状があることで初診の患者さまは、初診料(特定療養費)の1050円はいただいておりません。
 患者さまにとっては十分な医療を受けて安心して自宅に帰ることが一番の希望です。しかしその希望を一つの医療機関だけで満たすことは困難な場合があります。そこで医療機関同士がお互いの得意分野で医療連携を活用することにより、患者さまはよりよい医療を受けることができます。その橋渡し役を地域医療連携課が担っております。

 また「よろず相談」の相談窓口を開設しております。診察のこと、介護のことなど、どんなささいなことでも親身に相談を受けさせていただいておりますのでご利用ください。
 患者さまを「断らない」「待たせない」を信念に、病院の・・患者さまの・・、そして地域の顔となるよう日々業務に邁進していく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。