整形外科 診療体制の変更

近年の病院における医師不足は全国的な問題となっておりますが、長野県においては特に深刻です。産婦人科、小児科のみならず整形外科でも病院勤務医師は減少しており、整形外科が閉鎖となる病院も出てきております。
当院整形外科でも本年7月1日より、従来の医師5人体制が4人体制となり、これまでの診療体制を一部縮小せざるを得なくなりました。整形外科は脊椎や関節の慢性疾患の他に救急外傷も診療いたします。 救急医療においては、一部の医療機関に救急患者様が集中しないように、医療圏毎に医療機関の輪番制がひかれており、毎日担当病院が決まっています。安曇野市は松本広域医療圏(松本市、安曇野市、塩尻市、東筑摩郡)に属し、当院は毎週金曜日、第三土曜日、第四日曜日が外科系当番日となっております。ただこの輪番制は十分機能しているとは言えず、当院では輪番日以外の日も救急患者様を受け入れて参りました。

今後医師が充足するまでの間、整形外科に限り外来患者様に対して以下のように対応させていただきます。

①平日(開庁日)の受付時間以後
(11時30分~17時10分)

原則として開業医院または他病院を紹介させていただきます。

②平日の時間外
(17時10分~翌朝8時30分)、土曜日、日曜日、祭日

原則として当院の当番日は診療させていただきますが、その他の日は他の外科系当番病院の受診をお願いいたします。

地域の皆様には当分の間ご迷惑をおかけすることになりますが、医師が過労となり、更に病院を辞めてしまうような悪循環を避ける意味でも、なにとぞご理解のほどお願いいたします。