新年明けまして おめでとうございます

 病院長 山本 豊作

昨年も、いろいろのことがありましたが、特に、世界の各地では小競り合いがあり、罪の無い人達までが難民となり、悲惨な生活を余儀なくされており、残念なことであります。
新しい年は、まずは平和で安心して生活できる年であってほしいものであります。
昨年嬉しかったニュースは「長寿信州」のことです。厚生労働省が発表した、二〇〇〇年都道府県別平均寿命は、長野県男子が七八.九〇で三回連続第一位、女性は八五.三一で第三位となった(信磯毎日新聞より)。 緑が多く空気と水がおいしい長寿県長野を全国にアピールできたことと思います。今、国も「健康日本21」(21世紀における国民健康づくり運動)の推進をしており、各種の施設が住民の健康増進運動を展開しております。私たちも、この春夏秋冬めりはりのある信州の季節、恵まれた自然を大切にして、まず、自分たちの自主的な健康づくり、生活習慣の改善に一層努めてまいりたいものです。
今年が、皆さまにとって良い年であり、お元気にお過ごしになることをご祈念申し上げます。