新採用職員の辞令交付式が行われました

 平成18年4月3日、荻原廸彦院長は19名の新採用職員一人一人に辞令を手渡し、「4月1日より『安曇野赤十字病院』に名称を改めました。

 皆さんはその第一期生であります。当院は住民のための病院です。
「選ばれる病院、頼られる病院」を目指し職員一丸となって取り組んでおります。患者さんの心に真摯に向き合い、患者さんと共にチーム医療に励んでください。」と歓迎しました。
理学療法士の吉田祐介さんは「私たちは、病気と闘う患者さんのために一生懸命努力します。」と新入職員を代表して入社の決意を新たにしました。

 幹部職員の自己紹介で辞令交付式を終了しました。