松本広域消防局との意見交換会開催される

 恒例となっております松本広域消防局との意見交換会を平成17年7月8日金曜日に開催いたしました。より良い救急医療のため活発な意見交換がなされました。

 会議後、松本広域消防局によるJPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care/病院到着前の外傷救護活動)のシミュレーションが行われ、続いて当院の三山医師、天野医師、柏原看護師によるJATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care/病院到着後の外傷初期診療)のデモンストレーションが多数の職員による見学のもと行われました。


 <想定>
 バイクの転倒事故(胸部外傷(緊張性気胸)ショック状態、左下腿腫張、来院後腹腔内出血もあり)
 救急隊によるバックボードを使用した高度な患者収容と搬送手技に加え、病院到着後に一連の初期診療態勢が続くことで救命率の向上に繋がるものと再認識をしました。