地域の方々と共に歩む病院作りを目指して

 看護部長 尾沢 正子

 今回、病院として始めて地域の方々に向けた広報誌を発刊することになりました。当院としては画期的な出来事です。今までは、病院内で個々の患者さまにお話していたこと、掲示板等でのお知らせなどで、量も内容もとても充分とは言えませんでした。これらの反省も含め、良い情報発信の場にしていきたいと思っています。看護部としても、お知らせしたいこと、活用して頂きたいこと等を出来る限り楽しく分かりやすくお伝えしたいと思います。ただ、出来ること、行っていることしか出せませんし、また、出した情報責任も伴います。中身の充実が更に求められることを思うと、身の引き締まる思いです。
 最近の世の中の動きを見ると、みのもんたの「おもいッきりテレビ」に代表される健康志向番組や、病気の情報等が大変多くなったと感じます。 「自分の健康は自分で守る」との意識が大きく育ちつつあると思います。自分のこと、家族のことは人まかせには出来ないと考える方々も多くなってきました。当院でも、地域の方々の思いに対して、今は個々の立場に立った対応や説明を大切にしています。また、住民の方々を対象の公開講座等も始めました。今、内向け外向け双方の活動にカを入れているところです。まだ、苦情等も時々は頂くのですが、大切なご意見と受け止めて対応に努力しております。懲りないで見守って頂きたいと思います。
 これからも更に、地域病院として信頼されるために、病院職員は出来るだけ患者さまが聞きやすい、また、言いやすい場作りをしてゆく必要を感じています。その時は、患者さまからも是非積極的にお聞きください。医療は患者さまの積極的参加があってこそ成果が上がるものですから。また、一方通行ではダメなので、職員からも情報や思いを発信したいと思います。双方向のコミュニケーションがとれる太いパイプが必要です。このようなパイプ作りに、この広報誌の果たす役割は大きいと期待しております。
 昔から「医師や看護師は患者に育てられる」と言います。これからも、この関係を大切に患者さまや地域の方々と共に歩んでいけることを願っています。