薬剤部 お薬のはなし

 お薬手帳活用術

「お薬手帳」をご存じですか?
「お薬手帳」は、処方されたお薬の名前や飲む量、回数、飲み方、注意することなどを記録するための手帳です。薬の服用歴、副作用歴などを確認することができます。


お薬手帳に記入していただきたい基本情報

お薬手帳お持ちですか?の画像

調剤薬局では、「お薬手帳」に、薬の飲み方・飲む量(使い方・使う量)、薬についての注意事項、薬を処方した医療機関名、医師名、処方日、調剤日などを記入します。
また病院では、診察、入院時など、お薬手帳の内容を確認させていただくことで、これからの治療を安全に行うための情報になります。
この時、次のようなことをチェックしています。

・他の医療機関の薬と併用するかどうか
・今日の薬で副作用が出たことがあるか
・薬によるアレルギーはあるか

「お薬手帳」には、ご自身のアレルギー歴、副作用歴、主な既往症などを記入するページがあります。ご自身での記入が難しければば、調剤薬局や入院時の担当薬剤師にお申し出ください。


お薬手帳の活用方法のご提案

●病院や、医院、歯科医院などへ行く時には、必ず持参しましょう。

現在使用している薬や、過去に副作用やアレルギーのあった薬などについて、医師に伝えることが簡単にでき、薬の重複やのみ合わせ(相互作用)を防ぐことができます。

●薬局で処方箋の薬をもらうときや、一般用医薬品を買う時には必ず持参しましょう。

調剤薬局では、薬の内容を印刷したシールをお薬手帳に貼付します。このとき後発薬品への変更があればその情報も掲載されます。
安曇野赤十字病院では、退院の時お薬情報として手帳用シールを発行しています。調剤薬局へは処方箋と一緒に、また病院では診察や入院の時ご提出ください。
一般用医薬品であっても、副作用やアレルギーの原因となることがあります。一般用医薬品を購入する場合も、安心してお薬を使用・服用できるように「お薬手帳」をお見せになって、安全を確認してもらいましょう。

●のみ合わせのチェックをしてもらいましょう。

のみ合わせがよくないことによる有害な反応などは、医薬品どうしだけでなく、医薬品と健康食品、医薬品と食品の間でもおこる場合があります。例えば、ワーファリン(血液を固まらせる働きを抑え、血液が固まりやすくなっている状態を改善する薬)を服用中に健康食品であるクロレラや、納豆を摂取すると、ワーファリンの効果が弱まることが知られています。また、ワーファリンと一緒に服用するとワーファリンの効果を強めたり弱めたりする医薬品がたくさんあります。
薬局でお薬や健康食品を購入する場合にも、薬剤師に「お薬手帳」を見せていただければ、適切な指導を受けることができます。

●ご自身の症状や医師・薬剤師への質問をメモしておきましょう。

あなたの大切な情報の画像

「お薬手帳」をご覧になるとお薬の服用歴が一目でわかりますが、それだけではなく、患者さんご自身の症状や疑問に思われることのメモに使用して、受診するときやお薬をもらうときに医師や薬剤師に情報を伝えるツールとしても活用できます。





●こんな時、『お薬手帳』に名前が書いてあれば、安心です。

・転居して、新しい医療機関を受診する時
・薬局で薬を購入する時
・休日診療所や救急病院を受診する時
・旅行や出張時に体調が悪くなり、かかりつけ以外の病院を受診したり、薬局で薬を購入したりする時
・災害にあった時(東日本大震災でも「お薬手帳」を持っていたおかげで、避難所などでこれまで飲んでいた薬の情報を伝えられた被災者の方もいたそうです!)


最後に・・・

当院薬剤部では、医院や調剤薬局と連携して、入院患者さんひとりひとりに「薬剤服用歴(薬歴)」を作成しています。この「薬歴」は『安全に、有効に』治療を受けていただくために利用していますがここでも「お薬手帳」の情報は欠かせません。「お薬手帳」は患者さんが安心してお薬を使用するための大切な記録です。ぜひ上手に活用して病気の治療や健康管理にお役立てください。