2012年 新春号

表題(愛称) 雪わり草

冬の厳しさに耐え、春の訪れを告げるように雪を割って可憐な花を咲かせる雪わり草。
この小さな花の、希望を持って逆境に耐え抜く力強さを紙面に載せ、地域の皆さまへお届けしたく「雪わり草」と名付けました。
(花言葉:忍耐・信頼・はにかみやなど)


写真解説

穂高神社(ほたかじんじゃ)

 穂高神社は安曇野市穂高の本宮(里宮)のほか、松本市安曇の上高地に奥宮、奥穂高岳山頂に嶺宮があることから、「日本アルプスの総鎮守」として親しまれている。
 主な祭神は穂高見神(ほたかみのかみ)。毎年9 月26 日・27 日に行われる例大祭の御船神事(お船祭り)は高さ6m 長さ12m にもなる大きな船形の山車(だし)「御船(おふね)」をぶつけ合う勇壮な祭りで、その迫力と豪快さから多くの見物客が訪れ、市の無形文化財にも指定されている。


年頭にあたり  院長 澤海 明人

◎特集 目の老化:加齢黄斑変性症

地域の診療所紹介 木暮医院

地域の診療所紹介 天野歯科医院

薬剤部 お薬のはなし 薬って色々ありますよね

着任医師を紹介します

診察室の窓から9 冬の朝に  副院長 神経内科 中野 武

職場紹介 医療技術部 臨床工学課

トピックス

出前講座について

ヘルシー献立 「えび団子のあんかけ」レシピ