入院のご案内

illust2173_thumb

入院前に

入院の手続き

予約入院の方は

  • 1F総合受付へ直接おいでください。担当者がご案内します。
  • 来院したらまず、入院申込書、保険証提出等の手続きを1F総合受付で行ってください。
  • 他の医療機関での入院履歴の申請が必要となりますので(入院日3ヶ月以内の入院について)他院から発行された退院説明書をお持ちの方は1F総合受付に提供してください。

当日入院が決まった方

受診科外来でご案内致します。

緊急(夜間・休日入院も含め)で入院された方やご家族

平日、1F総合受付で入院手続きをしてください。出来るだけ8:30~17:00に行うようお願い致します。

入院される時の持ち物

    • 診察券、保険証、乳幼児医療証、身体障害者医療証など
健康保険証の書き換え、新規加入等変更があった場合は必ず1F総合受付へ提出し確認を受けてください。また1ヶ月を超えて 入院されている方は退院会計時に保険証を提出してください。

 

  • 洗面、洗髪用品 洗面用コップ、歯ブラシ、石けん、クシ、ひげそり、シャンプーなど、洗濯物入等のビニール袋、入れ歯入れの容器など
  • 食事の時お使いになるもの はし、フォーク、スプーン、湯のみ、吸いのみ、ストロー、手拭用ウェットティッシュなど はし、スプーンなどはケースを用意してしてください。
  • 着替えの下着 病気の状態によっては前開きのものをご用意して頂くこともあります。寝巻きは有料で貸出 もしております。
  • その他日用品イヤホン、タオル、バスタオル、スリッパ、ティッシュペーパーなど

オムツを使用される方は当院で準備をしております。料金は入院料と別に売店でお支払いいただきます。ご協力をお願い致します。

※日用品・オムツ等は売店・自動販売機でもお求めになれます。

※持ち物には記名をお願いいたします。

患者衣

患者衣は便宜上、病院で実費負担で貸出をしています。入院費用と一緒にお支払いいただきます。 貸出1日108円(税込) ●患者衣交換は、7月~9月/週3回  10月~6月/週2回   その他汚染した時

    • 患者衣は便宜上、病院で実費負担で貸出をしています。入院費用と一緒にお支払いいただきます。
    • 貸出1日108円(税込) ●患者衣交換は、7月~9月/週3回  10月~6月/週2回   その他汚染した時 貸出用の患者衣を使用しない方、または途中から使用される方は1F総合受付で手続きをしてください。

時間外の場合は夜間受付で手続きをお願いします。手続きをしない場合は、使用されなくても徴収となります。

  • 寝具類は病院でご用意いたします。

お薬について

入院時には、必ず今まで飲んでいた薬を全て、又は、お薬手帳をお持ちください。

最近、医療の現場では、「持ち込み薬と同じ薬を入院後も処方となり、重複して服用していた」「入院後にも継続服用するはずの持ち込み薬を服用していなかった」「市販薬や他の医院から処方されていた薬と同じ成分の点滴をしたため過量となった」など、入院後の持ち込み薬での事故があとをたちません。このような事故を防止するため、入院時には今まで服用していた薬を持ってきていただき、看護師・薬剤師に提出していただくようお願いいたします。また、お薬手帳をお持ちの方は、提示していただくよう重ねてお願いいたします。

入院中

食事

食事は病院でご用意いたします。健康保険の規定により食事は定額標準額が個人負担となります。 (1食あたりの標準負担額が決められています。)

食事内容向上のため次のことを行っています。

  • 温かい食事を適時に配膳する特別管理を実施
  • 献立を選んでいただく選択メニューを実施
  • 病気ごとの特別治療食対応
  • 朝食 午前7:30 昼食12:00 夕食午後6:00の予定

治療食(特別食)の提供について

当院では、チーム医療を推進しています。チーム医療とは一人の患者さんに複数の医療専門職連携してケアや治療に当たり、質の高い医療を提供する取組です。チーム医療の取り組みの一環として、当院では管理栄養士が食事による治療が出来るようサポートさせていただきます。以下の疾患をお持ちの方は、治療食の提供・栄養指導を行い、栄養ケアをさせていただきます。

【治療食(特別食)が必要な疾患】
心臓疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、糖尿病、胃潰瘍、貧血、膵臓疾患、脂質異常症、痛風、高度肥満等

入院生活について

入院にあたって、または入院中にお困りの事などがありましたら職員にお申し出ください。
治療の目的で病室の移動や病棟の移動をお願いすることがありますが、ご協力をお願いいたします。
治療、看護上のことは医師や看護師の指示をお守りください。治療看護上、食事、生活等制限されることもあります。病気のこと、治療について解らないことがありましたら遠慮なくおたずねください。
貴重品、必要以上の現金等をお持ちにならないでください。病院では盗難に関する責任を負いかねますのでご注意ください。やむを得ずお持ちの方は床頭台の鍵付き引き出しに保管くださいますようお願い致します。
入院期間中の駐車場使用はご遠慮ください。
携帯電話等は電子医療器等に影響を与える可能性がありますので指定された場所以外でのご使用はおやめください。公衆電話は各階・食堂にあります。外部から病棟への電話はできるだけご遠慮ください。
病室には有料のテレビが備え付けてありますのでテレビカードをお買い求めになってご覧ください。 (テレビカードは各病棟食堂に販売機があります。) 他の人に迷惑にならないようイヤホーン等をご使用ください。(イヤホーンは売店でも販売しております。) ※残ったテレビカードは、2F売店横に設置しております精算機でご精算できます。但し、清算金額が10円未満の場合 はご精算出来ません。 ※テレビカードは売店での支払いとしてもご利用いただけます。(現金との併用はできません)
個室(一部を除く)には無料のインターネット有線LAN用の接続口を用意してございます。
ご自分のパソコンをお持ちいただきご利用いただくことが出来ます。
パソコンの操作やセキュリティについては、ご利用者様の責任範囲となりますので、ご承知の上ご利用ください。
個人でお持ちのWiFi(無線LAN)通信機器は医療機器や電子カルテの通信に影響が出る恐れがありますので、ご使用はお控え頂きます様お願い申し上げます。
郵便ポストは正面玄関付近にあります。また郵便物の宛名には病棟も書いていただきますよう先方にお願いしてください。
起床時間は午前6:00、消灯は午後9:00 に定めております。早朝、消灯後は他の入院患者さんにご迷惑を かけないよう心がけてください。
入浴、シャワーは主治医の許可が必要です。詳しくは病棟看護師が説明いたします。

面会

面会時間は下記のとおりです。できるだけ、面談コーナーでご面会ください。

平日 午後3時~午後8時
休日 午後1時~午後8時

決められた時間以外や他人に迷惑となる面会はご遠慮ください。治療上、面会制限をさせて頂く場合もありますので病棟看護師にお聞きください。

入院中の感染予防

  • 食事前やトイレの後には手を洗いましょう。動くことが出来ない方はアルコール含有のウェットティッシュで手 を拭きましょう。病室に置いてある即乾式手指消毒剤もご利用ください。
  • 咳やくしゃみの出る方はマスクをつけましょう。時々うがいもしましょう。玄関ホールにマスクの販売機が設置 されています。ご利用ください。
  • 床に置いた物は不潔です。ベッドの上にのせないようにしましょう。

入院費用について

入院の費用

  • お支払いについては月1度の請求となります。月末に締めて毎月10日前後に請求書をお届けします。退院 のお支払いは前日もしくは当日に請求書をお届けします。
  • 入院費用は1F総合受付の側にある自動精算機で、下記時間にお支払いください。 (お支払方法、使用方法等は1F総合受付でおたずねください。)
  • 毎日午前7時から 午後8時まで  休日・夜間のお支払いについては、事前に病棟スタッフステーショ ンまたは1F総合受付でおたずねください。入院費用の概算等については病棟スタッフステーションまたは1F総合受付でおたずねください。
  • 領収書は所得税の医療費控除、高額医療費等の申告に必要ですので大切に保管してください。
  • 特に入院治療の必要が無いと思われるが、患者さんの事情により長期にわたり入院している(180日を超える入院)場合には選定療養費をいただく事となります。
  • 入院費についてお困りの事がございましたら1F総合受付まで早めにお申し出ください。
  • クレジットカードでもお支払いいただけます。

差額部屋

特別室、個室ご希望の方は病棟スタッフステーションへお申し出ください。料金は入院料と合わせてお支払いいただきます。特別室、個室の希望をされてもご期待にそえないこともございますので、ご了承願います。

特別室(1人部屋) 1日12,960円
個 室(1人部屋) 1日7,560円
個 室(1人部屋) 1日6,480円
準個室(4人部屋) 1日1,620円

*表示金額は税込です。

70歳未満のご入院の方へ

70歳未満の方への費用の説明

もしものとき

外出・外泊

ご希望の方は医師、看護師にご相談ください。許可が出ましたら所定の用紙に記入して看護師に声をかけて からお出かけください。また戻られた時も看護師に声をおかけください。外出・外泊先で気分が悪くなった場合、 帰院予定の日時を変更する場合も入院している病棟へ連絡してください。

地震・火災等非常事態が生じたとき

慌てずに看護師等の指示に従ってください。患者さんの情況に応じて対応いたします。非常口は緑灯で表示し てありますので入院時にご確認ください。非難時にはエレベーターは使用しないでください。

証明書や診断書

必要な方は担当医師へお申し出ください。退院された後は総合受付へお申し出ください。

看護・医療相談窓口

次のような不安や問題をお持ちの方は病棟スタッフステーションまでお申し出ください。 個人の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。

看護相談

  • 退院後の生活に関する心配事や看護、介護の方法
  • 医療器具を使って在宅療法をしている方へのアドバイス
  • 持病の慢性疾患の方の生活上さまざまな相談
  • 各種患者会についての連絡窓口
  • どこへ相談すればよいか迷っているような療養上の悩み

医療相談

ケースワーカーがご相談に応じております。

  • 医療費や生活費等の経済的な問題について
  • 年金や健康保険、その他各種社会福祉制度の利用方法や申請について
  • 各種社会福祉施設の入所、通所手続きについて
  • 特殊な病気、ケガ、障害の療養生活に関するさまざまな相談
  • 退院後の社会資源利用(サービス)について

退院手続き

  • 主治医から退院の許可がでましたら病棟看護師長とご相談の上、退院日を決めてください。
  • 午前中の退院にご協力ください。
  • 入院費用のお支払いはご希望により退院前日でもできますので病棟スタッフステーションへお申し出くだ さい。

回復期リハビリテーション病棟

一般病棟退院後、リハビリが必要な方はリハビリ病棟がございます。

訪問看護・訪問リハビリ

退院後の訪問看護・訪問リハビリも行っております。ご希望の方は病棟看護師にご相談ください。

当院ではすべての職員へのお心づけは一切お断りしております。 お気遣いされないようお願い致します。